top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

日本名輪会・山口健治「江戸鷹の目診断」  古性がダービー5着の無念を晴らす!

アサ芸プラス

「宇都宮記念」◎古性優作/○吉田拓矢/▲松浦悠士/△眞杉匠/宿口陽一/小倉竜二/中川誠一郎/長島大介/中本匠栄/森田優弥/坂井洋/山口拳矢

 グレード戦で印は回らなくても、底力のある選手は軽視できない。

「宇都宮記念」(5月19日【木】~22日【日】)は、各地区に展開を作る機動型がそろう。500バンクだけに、ゴールするまで目が離せない4日間になりそうだ。

 バンク不問の自在戦で、古性優作が横綱相撲を演じる。近畿に先行不在だが、好位を取りに行っても阻止しようとする選手は見当たらない。取手全日本選抜の覇者が、いわき平ダービー5着の無念を晴らす。

 関東代表の吉田拓矢が、古性に真っ向勝負を挑む。責任あるSS班に、ようやく慣れてきた。地元栃木勢との栃茨ラインで逆転があってもおかしくない。

広告の後にも続きます

 あとは実力者、松浦悠士の逆襲と、2年連続でダービー決勝戦に乗った眞杉匠の大暴れを警戒する。

 長島大介が、まくり一辺倒から長い距離をもがけるようになってきた。ダービーの2勝がその成長の証し。長くなりそうな地元ラインのどこを走るか、にも注目したい。

 中川誠一郎は、この宇都宮のバンクレコード(18年、13秒1)の持ち主でもある。来月43歳になるが、年齢を感じさせない切れ味は健在。中本匠栄との九州コンビは軽視できない。

 山口拳矢は先行ではもたないものの、若手ではレースセンスが突出している。混戦で持ち味発揮がある。

 この3選手に印は回らなかったが、底力で勝ち負けに絡んでもおかしくない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル