top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

上島竜兵が住むはずだった老後の「芸人アパート」構想の全貌/坂下ブーランの「地獄耳」芸能

アサ芸プラス

 ダチョウ倶楽部・上島竜兵が亡くなった。自死とみられ、61歳だった。多くの先輩たちにかわいがられただけでなく、後輩芸人にもれなく慕われた人生。彼は笑いについて生前、こう口にしていたものだ。

「笑いの才能のある人に憧れるんだよな。後輩でも『こいつには負けないぞ!』という気持ちにならない」

 だから後輩たちを大事にできたのだ。

 上島を慕う後輩芸人のひとり、有吉弘行は上島の老後の面倒を見たいと考えていた。土田晃之によると、

「竜兵会で共同出資になるかもしれないけど、有吉が中野にアパートを建てて。で、このままでいくと上島さんが離婚するだろうと。そしたら路頭に迷うんじゃないかと。で、アパートで孤独死っていうのもかわいそうだなってなって。有吉がアパート作るから、そこに住めと」

広告の後にも続きます

 と構想していた。有吉本人も前向きで、

「でも、大げさな話じゃないでしょ。どっかでローン組んで買えば。中野じゃなくて、もっと土地が安いところだったら」

 さらに土田は、

「俺は将来的に嫁さんと離婚しないだろうけど、その中野のアパートの近くに引っ越す。で、そのアパートに自分の部屋をちゃんと作って、そこで毎晩飲もうじゃないかと。もう死にかけのみんなが集まって『俺たちの時代はよかったな』って毎晩、延々話し続けるの。誰かが死んでも、みんなでお葬式やろうって」

 そんな夢のプランを語って止まらなかった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル