top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

煮汁まで食べきりたい!とろんとろんの豚なんこつ煮で作る「豚なんこつの韓国風肉じゃが」/かな姐さんのお取り寄せのレシピ vol.49

おいしいマルシェ

先日、東京の友人に焼鳥屋さんならぬ焼豚屋さんに(ヤキトン)連れて行ってもらったのですけど、豚もつの焼いたのやらレバーやらハツやら、多分人生でほぼ初めて食べたものばかりだったのですけど(鶏や牛はあるけど豚は初)、これがほんっとに美味しくて。

この年になってもまだなお、自分の知らない新しい美味しいものに出会えるのって幸せなことだよなぁ~ってつくづく思った出来事でした。これからも初めての物でもどんどんチャレンジしないと!わたしの知らない美味しいものをいつも教えてくれる友人に感謝した夜でした。

さてさて、今回送って頂いたのは、手作り感満載の手書き(?だよね?この手作業っぽさが良き)パッケージがめっちゃ可愛い「手作りの缶詰屋」さんの「豚なんこつ煮」です。

豚の軟骨ってこのあたりのスーパーではあまり見かけないような食材なので、わたしも生のお肉(骨?)を自宅で料理したことがないのですが、もしも調理するとすれば圧力鍋などで長時間加熱、なかなか下ごしらえも調理も大変そうですよね。

しかしこちらの缶詰はすでに柔らかく調理した豚なんこつ煮が入っていますので、開けたらそのまま食べられるのが嬉しいところ!

広告の後にも続きます

蓋を開けると、ボリューム満点のごろっとしたお肉が出てくるのでテンション上がります。

軟骨という名前から、わたしはコリコリとした食感の骨的なものが入っているのかなと想像していたのですが、こちらはトロトロになるまで煮込んであるので、食感はとろんとろん!骨どこーーー?!ってなります。牛すじ煮込みの豚バージョンっていう感じ?

臭みも一切なく、めちゃくちゃ食べやすいです。しっかり甘辛く味付けしてあるので、そのままレンジで温めただけで青ネギをどっさりと乗せて食べたのですが、これは男子が喜ぶボリューム感!

溶けると煮汁がしっかりあるので、せっかくですからこの煮汁ごと全部使って煮物にしてみよう!と作ってみました。

この甘みを生かしてお味付けは少し韓国風になるようにコチュジャンをプラス。ニンニクも一緒に加えたので、甘辛くてパンチがあってほんっとに美味しい韓国風の肉じゃがになりました。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル