top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「現金払いのみ」クリニックがあるのはなぜ? キャッシュレス化は進む?

オトナンサー


なぜ、「現金払いのみ」?

【画像】医療費のキャッシュレス払い、メリットとデメリット

 病院やクリニック(診療所)で「支払いは現金でお願いします」と掲示してある所があります。診療内容によっては、健康保険を使っても、数万円を支払う場合もあり、クレジットカードなどのキャッシュレス払いができればいいのに、と思う人もいるようです。なぜ、「現金のみ」の病院やクリニックがあるのでしょうか。医療法人社団南州会理事長で、三浦メディカルクリニック(神奈川県三浦市)院長の井上哲兵医師に聞きました。

保険診療、決済手数料が痛手

Q.「支払いは現金のみ」の病院やクリニックがあるのはなぜでしょうか。

井上さん「大きな病院ではキャッシュレス決済の導入がかなり進んでいると思いますが、小さな病院やクリニックでキャッシュレス決済が増えない理由は、大きく2つあります。デジタルトランスフォーメーション(DX)が進んでいない小規模病院やクリニックが多いという点と、決済手数料が負担であるという点です。

広告の後にも続きます

前者は、昔ながらのクリニックだと、電子カルテや電子決済システム自体の導入が難しいという現実があります。いまだに紙カルテを使用しているようなクリニックも多く、受付の人もITアレルギーがあるなど、そういうクリニックでは導入が難しいと思います。一方、ITを抵抗なく駆使できるような若手医師 のクリニックでは、システムの導入自体はそんなに難しくないと思います。

後者は重要なポイントです。保険診療は、基本的に単価が国によって決められており、どの病院で検査や治療を受けても、基本的に同じ額が請求されます。病院やクリニックが自由に価格を設定できないため、決済手数料の数%とて、経営上バカにできないのです。

その点、美容系の医療機関は、基本的に全額自己負担のため、自由に価格設定できるので、電子決済を導入している所が多いです」

Q.キャッシュレス決済ができる病院やクリニックは増えてきているのでしょうか。

井上さん「キャッシュレス決済ができる病院やクリニックは確実に増えてくるだろうと思います。それは社会でDXが進むにあたって、取り組んでいかざるを得ないからです。

例えば、オンライン診療の場合、電子決済ができないと、結局、支払いのためクリニックに出向くことになり、オンライン診療の意味がありません。オンライン診療がもっと一般化すれば、電子決済を導入するクリニックは増えてくると思います。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル