top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

新たな『バイオ』コラボや新キラー&サバイバー発表!『Dead by Daylight』6周年まとめ―「進撃の巨人」コラボなど他にも情報盛りだくさん

Game*Spark

新たな『バイオ』コラボや新キラー&サバイバー発表!『Dead by Daylight』6周年まとめ―「進撃の巨人」コラボなど他にも情報盛りだくさん

Behaviour Interactiveは、同社が開発・販売する非対称マルチプレイホラーゲーム『Dead by Daylight』の6周年と全世界総プレイヤー数5,000万人の達成を記念して、5月18日にアニバーサリーストリーミングイベントを開催しました。

本イベントでは、新チャプター「Roots of Dread(恐怖心の種)」の詳細やマッチメイキングの改善を始めとしたコンテンツ追加などの今後の展望、人気作品「進撃の巨人」コレクションの発表、さらに「バイオハザード」コラボレーションチャプター「プロジェクト W」の映像が公開され、大きな盛り上がりを見せました。

本稿ではその内容をひとまとめにして紹介。併せて発表された『Dead by Daylight』から派生した恋愛シミュレーションゲーム『Hooked on You: A Dead by Daylight Dating Sim』の詳細な情報はこちらの記事にて紹介していますので気になる方は是非ご覧ください。

新チャプター「Roots of Dread(恐怖心の種)」
6月7日にリリースを予定している新チャプター「Roots of Dread(恐怖心の種)」ではオリジナルの新キラー、新サバイバー、そして新マップが追加されます。アメリカの小さな町を舞台とし、その裏に潜む底なしの恐怖を体験していきます。

新キラー「The Dredge (ドレッジ)」
ドレッジは本作オリジナルの新キラーです。その姿は過去に類を見ない異形の姿をしており、不定形の恐怖が実体化した「ブギーマン」を元にデザインされたとのこと。ドレッジは「悪夢」を体現した声を発し、動き回ります。また、本キャラのスキンは「マスク」「体」「武器」の3部位を好みに合わせて組み合わせることができます。

1つ目の能力
ドレッジは「ベッドの下に潜む怪物」のような存在で、本来サバイバーの安全地帯であるロッカーの間をテレポートできます。2つ目の能力
マッチ内の様々な出来事により「ナイトサイクル」が発動すると、サバイバーの視界が暗闇に包まれます。ロッカーに隠れるなど様々な要素でゲージが増加し、1マッチで3から4回ほどゲージが満タンになったサバイバーに発動します。また、暗闇の中ではドレッジの姿しか見えずとても不気味な体験になるとのこと。
新サバイバー「Haddie Kaur (ハディ・カウル)」
インド出身のハディは、幼少期に家族とともにカナダのケベック州に移り住みました。過去にモンスターとの戦闘経験もあり「霧の森」でキラーと対決できる数少ないサバイバーの1人です。彼女は「霧の森」と現実の世界を繋ぐ穴を見ることができる能力を持っており、これらの経験と能力がパークに反映されています。そのうちの1つは血を見ることができるという特殊な能力になっているとのことです。

新マップ「Garden of Joy(喜びの庭)」
新マップの喜びの庭は、ホラー作品でよくあるような馴染み深いアメリカの古風な町が舞台になっています。一見平和に見える町ですが、その裏には冷たく恐ろしい秘密が隠されているとされています。固有建築は薄暗い森に囲まれた館であり、その内装や家具は不思議な様相を呈しています。

今後の展望
今回のアニバーサリーストリーミングイベントでは今後のアップデートや追加コンテンツなども公開されました。

次回のアニバーサリーまでの1年間で新マップ2つを含む4つのチャプターがリリース予定。
4つの学術書が追加。
サバイバーとキラーの約40種類のパークに調整を加えテンプレ構成をなくしたい。
マッチメイキングにインセンティブ追加(キラーが少ない場合、キラーで遊んだプレイヤーにブラッドポイントを追加するなど)。
メインメニューにキラーかサバイバーのどちらでインセンティブが入手できるかのメッセージを表示。
ロードアウト機能追加。あらかじめパーク、オファリング、アイテム、スキン、をプリセットとして登録し簡単に切り替えられるように。
シーズンイベントを通して新しいメカニズムを追加したい(冬イベントの雪だるまのようなもの)。

「進撃の巨人」コレクション
諫山創が原作を手掛けた「進撃の巨人」と『Dead by Daylight』のコラボレーションコレクションが発表されました。キラーとサバイバーにそれぞれ10種類の衣装が実装されます。このスキンはキャラクターの容姿を全く別のキャラクターに変えるレジェンダリースキンではなく、『Dead by Daylight』のキャラクターが「進撃の巨人」のコスプレをしているようなスキンとなっています。

「進撃の巨人コレクション」の詳細なリリース日は明らかにされませんでしたが、近日中の配信が予定されています。

第2弾コラボ「バイオハザード:プロジェクト W」
去年の5周年配信では「バイオハザード」と『Dead by Daylight』のコラボレーションが発表され、2021年6月にネメシス、レオン・S・ケネディ、そしてジル・バレンタインが実装されました。それから約1年。第1弾コラボの反響もあり、第2弾のコラボとして新チャプター「バイオハザード:プロジェクト W」をリリースすることが発表されました。

新チャプター「バイオハザード:プロジェクト W」は2022年の年末にリリースを予定。詳細な情報は明らかにされていませんが、より多くの象徴的なキャラクターが登場予定であるとしています。

『Dead by Daylight Mobile』について
2022年4月下旬に国内で配信開始されたばかりの『Dead by Daylight Mobile』は、リリースからわずか48時間で100万ダウンロードを達成。さらに全世界2,500万人のプレイヤーを突破しました。

そんな本作では、新たな追加機能としてリーダーボード、クイックマッチ、ソーシャル機能として戦隊が実装されています。今後は新たなボーナスやプレゼント、ユニークなカスタマイズアイテムの提供を予定。さらに近日中に新たなニュースを発表するとしています。


TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル