top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『Trek to Yomi(黄泉への旅路)』レビュー:時代劇×日本神話の世界を圧倒的な映像美で描いたチャンバラアクション

ガジェット通信

時代劇×日本神話の世界を圧倒的な映像美で描いたチャンバラアクション『Trek to Yomi(黄泉への旅路)』。筆者はビジュアルを見た時点で「これは!」と引き付けられたため自腹で購入。その魅力をぜひ紹介したい。ちなみに今回購入・プレイしたのはSteamから配信しているPC版だ。

黒澤明監督作品に影響を受けたモノトーンのチャンバラアクション

『Trek to Yomi(黄泉への旅路)』は、時代劇の世界を表現したチャンバラアクションゲームだ。特徴は画像をご覧いただければお分かりの通り、黒澤明監督作品に影響を受けていること。

黒澤作品に影響を受けたチャンバラアクションといえば、PlayStation4やPlayStation5向けにリリースされている『Ghost of Tsushima(ゴースト オブ ツシマ)』が存在するが、和の雰囲気を現実的に再現しようとした『Ghost of Tsushima』に対し、本作は「チャンバラ映画」を再現したように思われる。そういう意味で目指した表現の方向性は違うのだろうが、いずれも表現度は高い。

どちらの作品も海外デベロッパーによる作品なのだから、取材や考証といった点で並々ならぬ努力が必要だったろう。クリエイターだからそれも仕事のうちといってしまえばそれまでかもしれないし、プレイヤー側が思いをはせるべきことではないのかもしれない。ただ筆者もインディゲームクリエイターなので、どうしてもこうした点を想像してしまい、その努力には頭の下がる思いだ。

ちなみに『Ghost of Tsushima』と本作では、表現の方向性だけでなくゲームシステムも大きく異なる。オープンワールドゲームだった『Ghost of Tsushima』に対し、本作はベルトスクロールアクションゲーム。基本的に進むべき方向は決まっており、ガンガン敵を倒してステージクリアを目指す……という内容だ。

広告の後にも続きます

敵との戦闘は、もちろんチャンバラ。通常攻撃、強攻撃、回避、振り返り、ガードというアクションと移動方向を組み合わせることで、刀を用いた様々な攻撃を繰り出せる。ボタンの組み合わせによって連続攻撃が成立するという点は、いかにもベルトスクロールアクションゲームらしい。

ただ、格闘が主体となる多くのベルトスクロールアクションゲームと異なり、本作のメインアクションはチャンバラ。一撃で命を奪うことも可能な「刀」による攻撃が主体なので、一般的なベルトスクロールアクションゲームよりも回避が重視されている。

敵の攻撃が当たる瞬間にガードできれば即座に反撃できるため、敵の攻撃タイミングを見計らうことが重要。敵の一挙手一投足に注目し「今か今か」とタイミングを見計らう感覚は、まさしくチャンバラだ。

とはいえ、『Ghost of Tsushima』や『SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE(隻狼)』といった作品ほど、タイミングがシビアなわけではない。体力ゲージも十分な量があるため、ザコ敵や中ボス相手であれば回避を使わず力押しでもなんとかなるレベル。なので、格闘もののベルトスクロールアクションゲームの感覚でプレイしても通用するだろう。

本作のアクションは、「真剣勝負のスリル」を「それなりの難易度」でお手軽に味わえるという点でよくできていると感じた。

闇にきらめく白刃! 圧倒的な映像美

ここまでは本作のアクションについて紹介してきたが、本作ならではの魅力といえるのはアクションよりもビジュアルだろう。画面にバーンと大きく表示される文字やモノトーンの色彩など、黒澤作品へのオマージュと言えそうな点が目を引くが、ただその領域に留まっているクオリティではない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル