top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

北川景子、人生の転換点は「美少女戦士セーラームーン」 「1年間鍛えてもらったことはすごくいい経験」

エンタメOVO

 映画『それいけ!アンパンマン ドロリンとバケ~るカーニバル』公開アフレコイベントが17日、東京都内で行われ、ゲスト声優を務めた北川景子、ジャングルポケット(斉藤慎二、おたけ、太田博久)が出席した。

 シリーズ33作目となる本作は、愉快なオバケたちの街・オバケタウンで開催されるお祭り「バケールカーニバル」を舞台に、物語が展開する。

 変身が苦手なオバケの男の子・ドロリンの声を演じた北川は「子どもが生まれてからアンパンマンを見る機会が増え、毎週、毎日、お世話になっていたので、声優のお仕事と聞いてすごくびっくりしましたけど、うれしかったです」とにっこり。

 男の子の声を演じるということで、不安もあったというが、この日の会場では、堂々としたアフレコを披露。ジャンポケの3人も「成り切っていて素晴らしい」「ひょう依型。さすが女優さん」と感嘆の声を上げた。

 一方、斉藤はオバケタウンの「町長」、おたけは「側近A」、太田は「側近B」の声を担当。太田は、起用を喜びながらも、「僕らの仕事ってドッキリが本当に多い。(今日も)いまだにカメラを持っている人たちはエキストラなんじゃないかと思っています」と笑わせた。

広告の後にも続きます

 また、物語にちなみ「人生のターニングポイント」を尋ねられた北川は「この世界に入って一番初めてのお仕事ですね」とデビュー作の実写版「美少女戦士セーラームーン」の撮影現場を挙げた。

 「特撮なので1年間やるですが、初日は何も知らない学生だったのが、しごかれて、最後には撮影の段取りとか、お芝居のことも勉強させてもらった。あそこで1年間鍛えてもらったことはすごくいい経験です」としみじみ振り返った。

 さらに、「困ったときに助けてくれるアンパンマンみたいな存在」を聞かれた北川は「アンパンマンみたいな…。いないです。自分で頑張ります」と笑顔で回答。これには斉藤も「強いですね」と感心しきりだった。

 映画は6月24日から公開。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル