top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

リードなしで犬の散歩→通行人にけがさせたら、飼い主の法的責任は? 弁護士に聞く

オトナンサー


飼い犬が通行人にけがをさせてしまった場合の法的責任は?

【画像】犬の放し飼いはダメ! 通行人にけがをさせたらどうなる?

 歩道や公園などで、犬を連れて散歩をしている人を見掛けることがあります。「犬は動くものに反応しやすい」と言われており、犬の近くを徒歩や自転車で通り過ぎようとしたときに、犬に飛びつかれたことのある人も多いのではないでしょうか。中には、飼い主がリードでつながずに犬を歩かせているケースも見られ、その場合、通行人が大けがをする恐れもあります。もし、リードをつながずに犬を散歩させ、犬が通行人にけがをさせてしまった場合、飼い主は法的責任を問われるのでしょうか。佐藤みのり法律事務所の佐藤みのり弁護士に聞きました。

法律や条例でリードの使用を義務付け

Q.そもそも、犬の散歩をする際はリードでつなぐよう、法律や条例などで義務付けられているのでしょうか。

佐藤さん「法律や条例で義務付けられています。まず、『動物の愛護および管理に関する法律(動物愛護法)』(7条1項)では、動物の所有者、または占有者は、動物が人の生命や身体、財産に害を加えたり、人に迷惑を及ぼしたりすることのないように努めなければならない旨を定めています。

広告の後にも続きます

動物愛護法を受けてつくられた『家庭動物等の飼養および保管に関する基準』では、犬を道路など屋外で運動させる場合、犬を制御できる者が原則として引き運動(リードを着けての並走)により行うこと、犬の突発的な行動に対応できるよう引き綱(リード)の点検や調節などに配慮することが定められています。

また、動物愛護法(9条)は、地方公共団体が条例をつくり、動物が人に迷惑を及ぼさないよう必要な措置を講ずることができるとしています。この規定を受け、各地方自治体はそれぞれ、独自の動物愛護条例を制定しており、犬の放し飼いを禁じているところが多いです。

例えば、東京都は『東京都動物の愛護および管理に関する条例』を定め、犬の飼い主の順守事項として、犬を運動させる場合、犬を制御できる者が綱や鎖などで確実に保持しておくことを求めており、違反すれば拘留、または科料に処される可能性があります(9条1号、40条1号)」

Q.リードをつながずに犬を散歩させて、犬が通行人にかみついたりぶつかったりして、けがをさせた場合、飼い主はどのような法的責任を負うのでしょうか。

佐藤さん「民事上の損害賠償責任や、場合によっては刑事責任を問われる可能性があります。

まず、民事上の責任ですが、民法(718条1項)では『動物の占有者は、その動物が他人に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、動物の種類および性質に従い相当の注意をもってその管理をしたときは、この限りでない』と定めています。リードをつながずに犬を散歩させていた場合、『相当の注意をもって犬の管理をした』とは認められませんので、飼い主はけがをした人に対して、治療費や慰謝料などを支払う必要があるでしょう。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル