top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「不器用なのが愛おしい」「どの表情にもそそられる」 まったく会話が弾まない陰キャ男子&内気女子のマンガが青春そのもの

ガジェット通信

脱ぼっちを目指す高校2年生の田畑蓮くんが、近くの席の佐々木透子さんと一緒に学級委員になって距離を縮めようとするも、まったく会話が弾まない……というじれじれとしたストーリーが展開されている碇マナツさん(@ikarimanatu)のマンガ『くらいあの子としたいこと』(ドラゴンコミックスエイジ)。第4話『気にしてるコト』では、ちょっとしたハプニングでダイナミックな壁ドンをしてしまい、気まずい田畑くんと佐々木さんが教室のドアでばったり出くわす話になっています。

広告の後にも続きます

「昨日もうまくいかなかった…」とため息をつく田畑くん。「連絡先だけうまく?聞けたけど…、別になんかあったわけじゃないし…、全然距離が近くならない気がする…」と意気消沈気味。「…いやっ、悪い方にばかり考えるのはよくない!まだ話し始めて数日なんだ。まだまだ知らない明るい一面とかあるかもしれないし…」と笑顔の佐々木さんを妄想しつつ、「昨日もなんだかんだちょこっと会話が出来た気がするし…、ハプニング(壁ドン)のことはしっかり謝れば許して…」と思いながらドアを開けると、前には佐々木さんが! 「お…おはよう…っ」「おはよう…」とぎこちなく挨拶。くれなさそうです。

お互い道を譲ろうとするのが被って「…何?」とジト目で睨まれてしまい、「ご…ごめん、なんでも…」と謝りつつ「またやっちまった…!!」と震えます。無言で突っ立っている佐々木さんに、「…あれ?外になんか用事あるんじゃ…」と聞くと、「…別に…大丈夫」と言われます。

「あ…そ…そう…。えと……ごめん…邪魔して…」と言う田畑くんに、佐々木さんの横顔は何か言いたげ。そこに先生が「何遊んでるんだ?ホームルーム始まるぞー」と声をかけ、「あっ、すいません」と謝ります。それを見た先生、先生らしい表情で見守っています。

なぜか立ち尽くしているのを見て、「佐々木さん、どうかした?」と聞く田畑くん。「…何が?」「いや…ボーッと外見てたから…」「別になんでも…」「あっ…、そ…そっかぁ」とやはり会話が弾まず、「ごめんね。それじゃあ」と教室に入ろうとしたところで……。

佐々木さんに制服を掴まれた田畑くん。「…えっ…あ…えーっと…」となり、「…ど…どうかした…?」と聞きます。佐々木さんはうつむいたままで「わ…私…そんな…怒ってるわけじゃ…ないから…いつもそんなに…謝らないで…ほしい…」と言い終えると、田畑くんに視線を向けます。

それを聞いて、「あ…うん、わかったよっ。ごめんね、ついクセで…。って違うっ、ごめんじゃなくて…え〜っと…。今度からそうするよ。言ってくれてありがとう…!」とつっかえつつもちゃんと話せた田畑くん。佐々木さんの口元は心なしか緩んでいるような……。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル