top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「#増田貴久まつり」がトレンド入り!敏腕機動捜査隊役に「カッコいい」

TVerプラス


増田貴久(NEWS)が、5月16日に「月曜プレミア8」枠で放送された中村梅雀と平岡祐太のバディが活躍する『今野敏サスペンス 機捜235』(テレビ東京系)第3弾に出演。俳優としての演技の幅の広さと表現力に、SNS上では「見応えあり」「カッコいい」といったコメントがあがった(以下、ネタバレが含まれます)。

同ドラマは、本格警察小説の名手・今野敏の本格ミステリー「機捜235」(光文社)が原作で、中村演じる定年間近の見当たり捜査官・縞長省一が、平岡演じる野心家イケメン・高丸卓也と年の差“機捜タッグ”を組んで、次々と事件の真相を暴く傑作痛快サスペンス。

白金西公園付近で男性の遺体が見つかり、機捜235で街を巡回する縞長と高丸が現場へ急行。免許証から被害者は田崎正也(大滝明利)だと判明、左手にはコイン型のペンダントヘッドが握られていた。そこに、「公園の東側はうちの管轄です」と駆け付けた、第一機動捜査隊の倉沢巧(増田)が、そのペンダントを見つめ一瞬、硬い表情を見せる。

ほどなくして、厚生労働省の事務次官公用車の車が見つかり、そのドライバーが田崎であることが判明。しかし、同乗していたはずの事務次官・重田由紀恵(若村麻由美)の姿はなく、秘書・真壁智彦(山崎樹範)のもとに、由紀恵を拉致したという人物から電話が入り、身代金を要求する誘拐事件が発生する。

縞長と高丸が別の捜査に当たっていると、倉沢らが乗る機捜136が管轄外である渋谷区の病院・黎明医科大学附属病院に入っていくのを目撃。また、別日にも倉沢が同病院に入る姿を目にした縞長は、倉沢が何か秘密を抱えているのではないかと考える。

その後、重田誘拐の身代金額と受け渡し場所から、縞長は20年前に黎明医科大学附属病院で起きた、小児がんの新薬投与で3人の子供が亡くなった事件との関連性に着目。裁判では新薬と死亡の因果関係は認められなかったが、当時の厚生労省の薬剤課長が重田だったことから、遺族の復讐が田崎殺害と誘拐事件に関連しているのではないかと睨む。

縞長と高丸が本部に加わり捜査をする中、ペンダントの持ち主が黎明医科大学附属病院で勤務する看護師・長谷瑠璃子(山下リオ)のものであることがわかる。しかも長谷と倉沢は、亡くなった3人と同じ病気で入院し、新薬を投与したことで元気になって退院していたことが明らかになり、倉沢も事件に関与しているのではないかと疑われはじめ……。

SNS上では、重要な役を担う増田の好演に「見応えあり」「カッコいい」といった声が上がったほか、この日、同局で増田が主演を務めるドラマ『吉祥寺ルーザーズ』(毎週月曜23:06~) も放送されたことから、「#増田貴久まつり」という言葉がトレンド入り。『吉祥寺ルーザーズ』ではまったく正反対の役を演じていることから、「全然違うタイプを演じきっていてすごい」「表現力の広さに感動」「まっすー祭最高」などの反響が寄せられた。

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル