top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ボルドーのマイクロワイナリー「ドメーヌ・ド・リル・ルージュ」がお目見え.希少品種を使ったワインに注目!

ワイン王国

「ドメーヌ・ド・リル・ルージュ」は、アントナン・ジャモワ氏が立ち上げたマイクロワイナリー(小規模ワイナリー)。パリ生まれのオーナーは科学と農業経済学を学んだ後、アルゼンチンでワイン造りを経験。さらに、エビの養殖業や、マダガスカル共和国のクンバ島でスピアフィッシングのガイドを行うなど、異色の経歴の持ち主でもある。
海外で経験を積んだ後フランスに戻り、2014年に0.8haの畑を購入。現在は2.3haのブドウ畑を所有する。メルロの古木と、カステやマンサンといった珍しいブドウも栽培している。18年からは、さらに古代品種の穀物や果樹栽培にも挑戦している。
ワイン造りではオーガニック認定(Agriculture Biologique)を取得。自然な発酵を実施し、必要な時にだけ極少量の亜硫酸を添加する。設立当初より、製造するすべてのワインにおいてヴァン・メトド・ナチュールの認証を取得している。 

希少品種カステを使用した赤ワイン

カステは1880年代、フランスのピレネー山脈西部を中心に栽培が進んだ黒ブドウ品種。当時より、ベト病の耐性があったことが知られ栽培が広がったが、現在はアキテーヌ地方の一部と、プロヴァンス地方でわずかに使用されているだけで、生産量が少ない希少ブドウ品種だ。ドメーヌ・ド・リル・ルージュでは、赤ワイン『コンフリュオンス』にブレンドしている。

[ 関連記事を読む – 希少品種 ]

『コンフリュオンス』

『リル・ルージュ コンフリュオンス 2020年』
・格付け:ヴァン・ド・フランス
・ブドウ品種:メルロ67%、カステ33%
・アルコール度数:14.5%
・味のタイプ:赤、フルボディ
・希望小売価格:3850円(税込)

広告の後にも続きます

『リル・ルージュ ペット・ナット』

『リル・ルージュ ペット・ナット 2020年』
・格付け:ヴァン・ド・フランス
・ブドウ品種:メルロ100%
・アルコール度数:12.5%
・味のタイプ:ロゼ泡、辛口
・希望小売価格:3850円(税込)

問い合わせ先:㈱モトックス TEL.0120-344101

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル