top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『月曜から夜ふかし』、地方の島取材に「悪質な編集」「失礼かつ無知」と批判

リアルライブ

 16日のバラエティ番組『月曜から夜ふかし』(日本テレビ系)で放送されたある企画について、ネット上から「地方に対して失礼」という苦言が寄せられている。

 問題となっているのは、「日本全国で聞いた我が町あるある」という、地方に行き、住民にその町のいいところを聞いて回るというコーナーだった。

 しかし、取材を行った町の特性を紹介した一方で、番組では住民の言動を面白おかしく編集。ITアイランド構想を推進しているという大分県・姫島では、ITについて理解できていないお年寄りに取材。「ネットフリックス」を「メトリックス」と言い間違えた人や、Siriを使いこなせない老人の言動を紹介していた。

 ​>>和田アキ子、なえなのの両親を嘲笑?「あまりに失礼」「人間性を疑う」ドン引きの声<<​​​

 また、香川県・粟島では、初老の女性3人が自宅で談笑している様子を紹介。その中で、1人が届いた代引き荷物に対し、先にお釣りを受け取って代金を渡すのを忘れてしまい、その様子を見た全員が大爆笑するという場面を放送した。しかし、その一連の流れを番組は「しょうもないことで毎日楽しく過ごせる島」とテロップで表示していた。

 この日の放送に、ネット上からは「失礼すぎる」「楽しくお茶してるのをそういう言い方するのはどうなのか」「馬鹿にしすぎ」「悪質な編集のやりすぎは冷める」という苦言が集まっていた。

 一方、この企画の中では長崎県・佐世保市を取材していたが、米軍基地について言及した男性に対し、スタッフは「米軍基地があるんだ。全然知らなかったです、僕」と発言。この一幕についても、ネット上からは「無知な上に失礼なのか…」「テレビのスタッフなのに大丈夫?」「引いた」という困惑が集まっていた。

 自分たちは無知を披露しつつ、地方に住んでいる人の言動を笑うスタッフに多くの視聴者が違和感を抱いたようだ。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル