top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「最後に何か質問は?」 企業が採用面接で“逆質問”の場を与える「4つの狙い」

オトナンサー


「最後に質問は」と聞かれたら、どう答える?

【画像】“逆質問”が逆効果になるNGパターン3例

「最後に、何か質問はありますか」。採用面接で、最後に面接官からこう聞かれ、どう答えてよいか悩んだ経験のある人も多いでしょう。こうした“逆質問”は採用面接で定番化していますが、「毎回うまく対応できない」「とっさにおかしな質問をしてしまって後悔した」「『いい質問だな』と思われたいけど難しい」など、さまざまな体験談が聞かれます。

 採用面接における、企業側の「最後に質問」の意図や狙い、効果的な“逆質問”のポイントについて、キャリアコンサルタントの小野勝弘さんに聞きました。

企業側は“何らかのメリット”を考えて質問

Q.そもそも、なぜ企業は採用面接で「最後に質問はありますか」と尋ねるのですか。

広告の後にも続きます

小野さん「最後に質問の有無を問うことの意図や狙いとしては、次の4パターンが考えられます」

【純粋な好意】

いい質問を求めているのではなく、「疑問点がないかどうか」を本当に聞いているケースです。ある中小企業の採用では、「好意で聞いている」という話を聞いたことがあります。「少しでも不安なく入社してほしい」という思いがあるからだそうです。

【面接での対応についての疑問を聞くため】

面談では、ニュアンスの違いなど、話し手と受け手の間で異なった解釈が発生してしまう場合があります。それをお互いに修正する機会として、質問の時間を設けていると考えられます。

【“質問”の名を借りた面接評価項目】

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル