top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

古代中国の極盛期を築いた武帝、彼が常に意識していた人物とは

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、藤間敏雄氏の書籍『21世紀の驚くべき海外旅行Ⅱ』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】中国最古の驚きのものが出土…古代中国の完成までの道のりへ

古代中国の完成まで

戦国時代~西安の時代へ

もう一つ西安の名所、「兵馬俑」はあまりにも有名だし、この目で現物の力とリアリズムが見物できるから、何を感じるかは今でもすぐわかる。

秦は始皇帝の死で短い時代となり、十五年で中国はまた混乱になる。諸群雄の中から楚の貴族の項羽(BC二三二~BC二〇二)が秦に背き咸陽を攻め、皇太子を殺し、阿房宮などを焦土と化し、西楚の覇王と称した。部下を王に封じ、封建体制が復活したので、いわば反動思想だった。部下で王に封ぜられなかったので、漢の高祖劉邦(BC二五六~BC一九五)が項羽を裏切り、漢中で激突し、以下五年にわたって争った。

広告の後にも続きます

劉邦は中流農家の出身だが、家業を嫌い、遊侠の徒と交わったが、BC二〇八年に大軍を集めて項羽と和解し合体し、阿房宮焼滅に加わった。先陣を切った劉邦は、秦の苛政を廃し人気を博した。

当然の如く前記の長期戦になったが、項羽が破れ、直ちに国号を「漢」とし、長安(咸陽の東方約一〇キロメートル)の名を西安から改め、都とした。以後、西安が「長安」と称される。

通常、王朝の創始者に「高祖」の名が与えられるので、劉邦は「前漢の高祖」とおくり名される。

漢の政策は、一族、大功臣を諸侯王とし、功臣一四三人を諸候に封じて郡国制をしいた(日本では江戸幕府の家康がこの手法で封建制を固めた)。外交面は北方の「匈奴」の勢いも強かったため、完全に成功はできず、内外の諸問題は(前漢)第七代の「武帝」(在位BC一四一~BC八七)までもちこされた。

武帝はBC一三五年ごろから独裁的な専制君主の本領を発揮するようになった。まず始皇帝が潰した儒教を優遇した。儒教はもともと現実世界を肯定して、君臣父子の礼を説き、帝国秩序の維持には都合の良い学派だったが、六芸(春秋、詩経、書経、易経、礼記の五経と楽)をもつ幅の広さが漢帝国のスタイルに合致したのである。

しかし儒教が直ちに国教化されたわけでない。この時代の中国の宗教は黄老思想が盛んだった。黄とは三皇五帝の最初の帝―黄帝を指し、老子を尊敬して、更に最高神太一が国家の祭祀を受けていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル