top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

国内外で注目を集めている、つづきが新宿でライブーーバンドが放つ、優しさの結晶がステージで輝く

SPICE

つづき 撮影=高田梓


つづき『THEMUSICCIRCLE』2022.5.8(SUN)新宿LIVE FREAK

「つづき」というバンドが生まれたのは、今から10年前。メンバーの1人であるYochi(Dr)とDJのCOOLGが立ち上げた年1回のイベント『DUBPOPNITE』がキッカケだった。「最初はDJのみだったんですけど、2年目からライブも取り入れたいと思いまして。試しにSEKI-NE(Vo)や友くん(Key)とかとライブをやったのが始まりです」とYochi。

いざライブをやってみたら、予想以上に周囲の反応が良かったそうだ。演奏する場所は小さな飲食店から始まり、クラブ、ライブハウスと音響設備が整った環境へ移っていった。次第にバンドメンバーも定着して、現在の5人編成に行き着いた。2017年に初めてリリースした「逡巡歌」は、藤原ヒロシがラジオで紹介するなど、早くも業界内で彼らの才能を見出す者もいた。

しかし、これまでつづきが公の場に出ることはほとんどなかった。というのも、彼らは「社会人として働きつつ音楽をやる」というスタンスで活動を続けてきたからだ。音楽1本ではなく、自分達の生活を大切にした上でバンドをやる。とにかく楽曲を作るわけでも、ライブを積極的にやるわけでもなく、無理のないペースでやってきた。

広告の後にも続きます

つづき SEKI-NE(Vo)


前日、SPICEで実施した初インタビューで友が語った。「あんまり力を入れないまま、気づけば10年経っていた感じですね。逆に、力が入っていたらこんなに長続きしてなかったです」。

そんな中、今年3月に転機が訪れた。YouTubeに公開した新曲「(what you’ve) lost」のMVが日本のみならず、中国でも話題になったのだ。そして……5月8日(日)。新宿三丁目にある新宿LIVE FREAKの『THEMUSICCIRCLE』に、つづきが出演すると聞いて会場に足を運んだ。

新宿駅前とは違って、ライブハウス周辺は通行人もまばらで、閑散としていた。しかし、会場の受付を通過してドアを開けると、予想に反して大勢の観客が。足の踏み場がないほどの大盛況。午後7時になり、つづきがステージに姿を見せた。

つづき スヌ(Gt)


1曲目は、音源化されていない楽曲「時雨」で始まった。6年ほど前にまなぶ(Ba)が作った曲で、しばらくライブで演奏することはなかったが、オーガナイザーのお気に入りということもあり、特別に披露したそうだ。冒頭はスヌ(Gt)のクリアなギターの音色と、SEKI-NEの深みのある歌声が相まって、空気の澄んだ山や森の映像が脳内に浮かぶ。出だしの1節を歌い終えると、今度は一斉にバンドイン。一瞬にして場内のムードを掌握した。大切な人を失った寂しさと、去った後に感じるわずかな残り香を描いた「時雨」。人生はただ前へ進むだけじゃなく、過去の余韻と共に歩んでいく。つづきの音楽を象徴するようなオープニングだった。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル