top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

須田景凪、「その先」の世界を見据えて進化を続ける、純粋な歌と音楽ーー約1年ぶりの有観客ワンマンツアー・東京公演の公式レポート到着

SPICE

須田景凪


須田景凪の東阪ツアー『須田景凪 LIVE 2022 "昼想夜夢"』の東京公演が5月14日、東京・中野サンプラザホールにて開催された。

昨年春の全国ホールツアー『須田景凪 HALL TOUR 2021 “Billow”』以来の有観客ワンマンライブとなる『須田景凪 LIVE 2022 "昼想夜夢"』。大阪公演(5月6日・オリックス劇場)に続いて行われたこの日の東京公演は、ソングライターとして/表現者としての須田景凪の進化を明確に示すものだった。

開演時刻の18時、舞台を覆う紗幕にオープニングムービーが投影され、満場の観客の期待感がいやが上にも高まる中、この日のライブは「Alba」でスタート。憂いの先に光を描くような詞世界と須田の熱唱が、サポートメンバー:モリシー(Guitar/Awesome City Club)、雲丹亀卓人(Bass)、矢尾拓也(Drums/Nanakamba)の演奏と響き合い、客席一面のクラップを呼び起こしてみせる。
「須田景凪です、今日はよろしくお願いします」と挨拶を挟んで「MOIL」、ギターを構えて「鳥曇り」と畳み掛け、さらにボカロP・バルーン名義の「雨とペトラ」で性急なロックンロール感を巻き起こしていく。序盤から出し惜しみなしの選曲と4人一丸の熱演ぶりに、会場のクラップは刻一刻と熱量を増していった。
「今日はめちゃくちゃ楽しみにしてきました。全力で、いい時間を一緒に作りましょう」……静かな口調とは裏腹に、MCで語られる須田の言葉からは、この日のライブに懸ける強い想いが滲む。

須田景凪


広告の後にも続きます

須田景凪


ハンドマイクスタイルで歌い上げた切実なメロディが胸を打つ「アマドール」。シンセベースの音色とともに織り成すハイパーかつ「Vanilla」「終夜(よもすがら)」のハイブリッドなサウンドスケープ。馴染みのサポートメンバーとともに繰り出したグルーヴ感が光る「ノマド」……。エモーショナルな衝動からクールな構築美まで、須田景凪の幅広い創造性が、ひとつのライブの流れに組み込まれることによって、新たな表情と輝きを目の前に立ち昇らせてくる。

今回の『昼想夜夢』は特定の作品のリリースツアーではないため、セットリストの大半をメジャー1stアルバム『Billow』の楽曲が占めていた前回のツアーとは異なり、演奏曲目には最新曲群からインディーズ時代のアルバム『Quote』の楽曲、さらにはバルーン名義の楽曲のセルフカバーも数多く盛り込まれていた。それによって、須田景凪の音楽世界をより広く、奥底まで掘り下げていくような多幸感を、ライブが進むごとに体感できたのも印象的だった。
「この1年間、みなさんはお元気でしたでしょうか? 自分はこの1年間、めちゃくちゃ曲を作っていて――ピュアに、人生で一番音楽を楽しんでいるなと思っていて」と語りかける須田のMCは、音楽と向き合う迷いなき確信に裏打ちされたものだった。

須田景凪


須田景凪


再びギターを構え、「無垢」からライブは早くも後半へ。須田&モリシーの鋭利なカッティングが、目映いミラーボールのきらめきと乱反射し合いながら、会場の祝祭感をよりいっそう高めていく。そのまま息つく間もなく「ポリアンナ」、さらに「レド」、と躍動感あふれるナンバーの連続に、オーディエンスは渾身のクラップで応えていく。そんな客席の様子を目の当たりにして、「ああ……楽しいですね」と須田もまっすぐに喜びを伝える。
「たぶん、みなさんも知ってる曲をやるので。声は出せないですけど、心の中で一緒に歌ってください」という言葉とともに披露したのは、バルーンの名曲「シャルル」。シンガロングがなくても、音楽の歓喜そのものの光景が、そこには確かに広がっていた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル