top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

矢吹奈子、本田仁美らが司会として登場した<KCON 2022 Premiere in Tokyo>2日間で幕張メッセ約4万人を動員![イベントレポート]

Pop’n’Roll

矢吹奈子、本田仁美らが司会として登場した<KCON 2022 Premiere in Tokyo>2日間で幕張メッセ約4万人を動員![イベントレポート]

約2年ぶりに世界各地で実施された世界最大級のKカルチャーフェスティバル<KCON>。5月14日(土)、 15日(日)に幕張メッセで開催された<KCON 2022 Premiere in Tokyo>では約4万人を動員した。本記事では、オフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

日本で約3年ぶりにオフラインで開催された<KCON 2022 Premiere in Tokyo>。

会場では、<KCON>のブランディングで構成されたカフェを取り揃えた「KCON CAFÉ」では、 KCONでの想い出を写真に残せる「フォトブース」、 “コーヒー茶”をコンセプトにカスタムドリンクを提供する「DUGEUN DUGEUNカフェ」、 アーティストを身近に感じられるファンミーティングプログラム「DUGEUN DUGEUNハンター」など、会場で楽しめる多様なイベントを用意。また、会場にはウサギのキャラクターがサプライズで登場し、「DUGEUN DUGEUNクエスト」でファンと一緒に写真撮影をするなど、 楽しい思い出と経験を提供した。

コンベンションに続き、14日(土)と15日(日)の2日間行なわれたコンサートも見どころが多く、大きな話題を集めた。

日本で活動している韓国大衆文化ジャーナリストであり日本を代表する韓流MCの1人である古家正亨と、元IZ*ONEの矢吹奈子(HKT48)、本田仁美(AKB48)が司会を担当。円神(ENJIN)、 INI、 JO1、 OCTPATH、 OWV、 TO1(※映像出演)などが登場した同公演では、Mnetから誕生したサバイバル番組の日本版『PRODUCE 101 JAPAN』で披露したデビューステージを再演。各アーティストが影響を受けたK-POPのカバーステージとともに、ミート&グリートをトークプログラム形式で進行した。

2019年にMnetのアイドルオーディション番組『TO BE WORLD KLASS』を通じて誕生したTO1は「No More X」と「Surf」を韓国で撮影した映像を通じてステージで披露。TO1は“今後もファンのみなさんと頻繁に会いたいです”と伝えた。

ビルボードジャパンチャート1位など主要チャートを席巻し、グローバルボーイグループに浮上したINIは「Rocketeer」、「BOMBARDA」、「Call 119」、「We Are」などでステージを飾った。“こんなに大きな舞台は初めて”と伝えたINIはミート&グリートを通じて、視線を捕らえるダンス対決でファンを楽しませた。

続いて2020年3月にデビューして以降、発売した5枚のシングルがオリコンデイリーおよびウィークリー、ビルボードジャパンウィークリーおよびHOT100など連続で主要チャート上位圏を占めたJO1がステージに登場。「Move the soul」、「Walk it like I talk it」、「Dreamer」、「With Us」などパワーあふれるステージを見せたJO1は、ミート&グリートを通じてさまざまな愛嬌でファンを楽しませた。

<KCON 2022 Premiere>を通じて久しぶりにファンと直接対面したアーティストたちは多彩なパフォーマンスを届け、ファンたちはコロナ禍での開催のため歓声が出せない代わりにペンライトを振りながら最大の力で応援した。

OCTPATHはKep1erの「WA DA DA」を、 円神(ENJIN)はIZ*ONEの「Airplane」、 OWVはBTSの「IDOL」、 INIはEXOの「Growl」とBTOBの「Missing you」のカバー、 JO1はPENTAGONの「Shine」とStray Kidsの「Back Door」でK-POPカバーステージを披露し、特に2日目のステージではPENTAGONのYUTOと一緒に「Shine」を歌唱し、 カバーステージをより際立たせた。

<KCON 2022 Premiere in Seoul>に続き<KCON 2022 Premiere in Tokyo>も成功裏に終えた『KCON 2022 Premiere』は、5月20日(金)と21日(土)に<KCON 2022 Premiere in Chicago>と<KCON 2022 Premiere ビューイングパーティー in LA>を開催する予定。 韓国公演・日本公演のアーカイブとアメリカの公演はKCON公式YouTubeを通じて視聴可能。

TOPICS

ジャンル