top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

姑と舅が怒鳴り散らし…「家出を決心した主婦」に恐しい一言

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、風間恵子氏の書籍『プリン騒動』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【関連記事】夫の不倫相手「♥大好き♥たー♥」妻が見た恐しいメールの全文

プリン騒動

ある晩のことだった。三人で、夕食のしたくをしていた。この三人と言うのは、舅(しゅうと)・姑(しゅうとめ)・嫁すなわち、私の事である。台所は女の神聖な場所と考えられているのではないか。しかし、この家では、舅が当たり前のように立つことが多い。自分が調理したものは自慢をするが、人の作った料理は決して、美味しいとは言わない。逆に貶す事に喜びを感じるタイプである。

野菜の切り方から、味つけまでを一つ一つ指摘する。言う方は何ともないのだろうが、毎日言われる方にとっては苦痛でしかなかった。

今年から、三歳三年保育で入園した子供たちが二人揃って台所に入ってきた。

広告の後にも続きます

「ママ、プリン作って」
「はい。今作るから待っててね」

私は、冷蔵庫を開けてプリンがあるか確かめた。期待通りにはいかず、ちょうどきらしていた事を少しだけ残念に思ったがすぐに、プリンの箱を、棚から取り出した。

鍋に牛乳とプリンの素を混ぜ合わせながら、火にかけた。溶けて沸騰したらさらに弱火で一分たってから火を止め、型に流し込んだ。次に、カラメルソースを作って、冷蔵庫で冷やして待つだけだった。甘い匂いが、台所の空気全部を包み込んだ。子供に限らず、大人までも魅了するスイーツ。嫌いな人を探すのが難しいと思った。

しかし、そんな甘い話など通用しない人たちがいた。
私の眼の前に。

「何やってんだ。晩御飯時に!」
いきなり、舅が怒鳴った。

「子供たちが、プリン食べたいって言うから、作っているんです」
すぐに私も言い返した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル