top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「26歳でようやく年収700万に到達した」と語る女が、それでも足りないと嘆くワケ

東京カレンダー

「26歳でようやく年収700万に到達した」と語る女が、それでも足りないと嘆くワケ

20代後半から30代にかけて訪れる、クオーターライフ・クライシス(通称:QLC)。

これは人生について思い悩み、若さだけが手の隙間からこぼれ落ちていくような感覚をおぼえて、焦りを感じる時期のことだ。

ちょうどその世代に該当し、バブルも知らず「失われた30年」と呼ばれる平成に生まれた、27歳の女3人。

結婚や仕事に悩み、揺れ動く彼女たちが見つめる“人生”とは…?



独身を貫く代理店女子・葵(26)の場合


「もう、27歳になるのか…」

24時、スマホに映し出される日付が変わる。

あと1ヶ月で27歳の誕生日。まだ若いと思っていたけれど、26歳と27歳では何かが大きく違う。

私はベッドにぐったりと倒れ込み、大きなため息をついた。

新卒で広告代理店に入り、営業部へ配属となった私。それから5年が経ち、今年も新卒が配属され、私は焦燥感を感じ始めた。

もう新人ではないし、そうかと言って上の世代のようにすべてを完璧にこなせるわけでもないからだ。

最近同期が1人辞めた。転職活動をしている友人もいる。

年収はようやく700万円を超したけれど、そこから家賃や光熱費、食費。それに美容代や交際費に、定期の少額投資と毎月5万円の積み立て貯蓄を引いたらほぼ残らない。

― 私、このままでいいのかな。

SNSを見ると、同世代でもやたらといいブランド物を持っている人たちもたくさんいる。もっと稼いでいたり、輝いている子もいる。

「何だか中途半端だな…」

もっといい暮らしがしたいけれど、それを声に出して言うのは恥ずかしい。いい人と出会って早く結婚したい気持ちもあるけれど、仕事も諦めたくない。

そんなふうに思い悩んでいた私に、ある夜、衝撃的な出会いがあったのだ…。


自分の生き方に悶々とする葵が、出会ってしまったのは…

27歳、年収700万。意外に厳しい現実


翌日。リモートワークをしていた私は、PCの画面を閉じサッと身支度を整える。そしてLOEWEのバッグを手にして、玄関のドアを開けた。

今日は学生時代からの友人・美咲と遥の3人で、久しぶりに集まる約束をしているのだ。

大学時代はほぼ毎日3人で一緒に過ごしていたけれど、2018年に卒業してからはそれぞれの道を歩んでいる。

美咲は新卒で日系メガバンクに入社し、エリア総合職に。唯一の既婚者である遥は、25歳のときに結婚。 日系老舗メーカー勤務で同い年の彼と入籍して、今では優雅な専業主婦だ。

「ごめん、お待たせ!」

待ち合わせの『ファイヤーホール4000 麻布十番』へ行くと、すでに2人は席に着いていた。


「葵、久しぶりだね〜!」
「元気だった?」

女3人が集うと、話は止まらない。久しぶりに集まったこともあり、私たちは時間も忘れてお互いの近況報告に始まり、くだらない話で笑い合った。

「美咲は?最近どうなの、仕事は」
「それがさ…。仕事してないのに高給取りなオジサマたちがいる限り、私の給料は上がらないんじゃないかなと思い始めた」
「あぁ〜、それはわかる。あと、やたらとすぐに電話してこない?」
「本当それなの!!メールで済ませてくれればいいのにね」

私と美咲で盛り上がっていると、遥が会話に入りにくそうにしている。それに気がついた私たちは、慌てて話題を変えた。

「遥は?最近どう?」
「うん。翼くんも優しいし、平和だよ。特に何も変わらないかな」

遥は夫の翼くんと、江東区で暮らしている。

「平和が一番。いいよね、翼くんは安泰だし」
「そういう2人は結婚の予定、あるの?」

今年で27歳になる私たち。結婚する人も増えてきた。籍を入れていなくても長年交際している、ステディーな相手がいる子も多い。

「私は全然。美咲は翔太くんと、どうなの?」

美咲と彼氏の翔太くんは、会社の同期だ。入社後に付き合い始めたものの、もうすぐ4年くらいの付き合いになると思う。

「そろそろ結婚かなって話はしてるけど、どうだろうね。でも、もう27歳になるし。いろいろ決めないとなって思ってる」

遥が、火鍋の写真を真剣な様子で撮っている。シャッター音が鳴り響く中、私たちは急にしんと静まり返った。

「もう、27歳か…」

急に、年齢の重みがズシっとくる。私は今、昔思い描いていた理想の自分にどれくらい近づけているのだろう。

すると、美咲がネックレスを触りながら少し口を尖らせている。

「会社の先輩で、38歳独身の人がいて。仕事ができて有能だから、尊敬している数少ない先輩の1人ではあるんだけど…。仕事だけの人生は、正直嫌だな」
「美咲の気持ち、わかるよ。結婚がすべてではないけど、孤独死は避けたいよね」
「事実婚もアリじゃない?でも結婚したほうが、世帯収入は上がるか」

このまま、大きく開花することもなく私の人生は進むのだろうか。現状は打破したい。もっと変わりたい。

でもどこへ進めばいいのか、わからない。

「私、もう少し輝いている予定だったんだけどな…」
「葵は仕事もちゃんとして、華やかな生活を送ってるじゃない。私からしたら、羨ましいよ」
「なんか、楽しいことないかな〜」

そんな私と美咲の会話を聞いていた遥が、ニヤッと笑った。珍しく酔っ払っているようだ。

「ねえ。私、以前から気になってたスゴイお店があるの。せっかくだし、この後行ってみない?」
「スゴイお店…?」

こうして私たちは、普段は滅多に行かない2軒目へと繰り出すことになったのだ。


バブルの世界を、再現!?平成世代が衝撃を受けたスゴイ光景とは…

人生を自由に謳歌し、お金はしっかり使う昭和世代


遥がインスタで見つけて以来気になっていたのは、麻布十番にある『歌京』というお店だった。

地下にある店へ足を踏み入れた途端、私たちは言葉を失ってしまう。中には、レトロな昭和時代の小物が大量にディスプレイされていたのだ。

昔何かで見た、大きくてカラフルなMacに、これまた大きなラジカセ。

映画のセットのような店内に、テンションが上がっていく。ただ何よりすごいのは、そこに集っていたお客さんたちだった。



店内には懐メロが流れていて、そこにいるお客さんたち全員で盛り上がっている。そして高級シャンパンが、次から次へと開いていたのだ。

「な、なにこの世界は…」

呆然と入り口で立ち尽くしていると、1人の女性が急に声をかけてきた。

「あら、女の子3人で来たの?私よりだいぶ若いよね、いくつ?」
「あ、えっと…。全員27歳です」

彼女の腕には、カルティエのLOVEブレスのフルダイヤ。左手の薬指には、見たこともない大きさのダイヤがキラキラと輝いている。

さらに、まだ真夏でもないのに露出度高めなノースリーブ姿で、酔っ払っているのか少し頬が赤い。年齢は40歳くらいだろうか。

「そっか、じゃあみんな平成生まれなのね!…よし、一緒に飲もう!シャンパン、私の奢りだからどうぞ。はいカンパ~イ」

私たちとあまりにも違うテンションに、一瞬面食らう。

お酒のCMを担当したこともあるので、そのシャンパンが1本数万円するものだと、すぐにわかった。けれどまるで1,000円程度のボトルを開けているかのように、どんどん飲み干されていく。

初めて見るバブリーな光景に、私たち3人は圧倒されっぱなしだった。

「だ、大丈夫ですか?私たちお邪魔していいんでしょうか…」
「何を言ってるのよ、出会いもご縁だから。気にせず、とりあえず楽しく飲もう!!」

いつの間にか、亜希さんと名乗るその女性のペースにすっかり飲み込まれていた。気づけば彼女の友人も集まってきて、さらに盛り上がっている。

「毎日、こんなに華やかなんですか?」
「大人数のほうが楽しいでしょ?…ってチーム平成ガールズ、ちゃんと飲んでる?」

変なネーミングを思いつくのも、昭和世代の特徴なのだろうか。こうして豪快に飲み続ける亜希さんたち。

「はーい、もう1本ボトル入れちゃいます」
「いいね〜!最高」

でもなんだかみんな楽しそうで、そして何より幸せそうだった。しかし気づけば23時を過ぎていて、遥が慌てて帰り支度を始める。

「やばっ、もうこんな時間だ。私、終電もあるしそろそろ帰らないと」

けれどもその言葉を聞いた瞬間。亜希さんが、隣にいた男性に何か耳打ちをしだしたのだ。

「ちょっと大ちゃん。タクチケ、彼女に渡してあげてよ」

― タクチケ!!

仕事の場で見たことはあるけれど、飲みの場で配っている人が本当に存在するなんて…。

「わ、悪いので大丈夫です」
「いいのいいの。大ちゃん、お金余ってるし。はいどうぞ」

こうして私たちはこの日、初めて会う亜希さんという女性のご好意によって、深夜2時までお酒を飲んだのだ。

「葵、こんな世界があるんだね…」
「映画みたいだよね」
「でもみんな、楽しそうだね」

お酒を飲んで酔っ払うなんてカッコ悪いし、二日酔いになったら最悪だ。仕事の効率が下がる。そもそも、お金を払って二日酔いになる意味がわからない。

でも今日は、とことん飲んでもいいのかなと初めて思えた気がする。

「じゃあ、私は帰るね。またすぐに飲もうね〜!」

深夜2時。見たこともない色のHERMESのケリー25を持ち、待たせていた車に颯爽と乗り込んだ亜希さん。まるでおとぎ話に出てくるプリンセスのようだった。

その光景が忘れられなかった私は、帰宅してからも高揚感が抑えきれなかったのだ。

― 私、本当にこのままでいいのかな?あそこまでギラギラしてなくてもいいけど、華やかな世界って楽しい!

気がつけば、すっかりあの世界の虜になっていた私たち。

そしてこの日以来、私たち3人の中で確実に何かが変わっていったのである。


▶他にも:彼氏の前で「昔は男遊び激しかったよね」と暴露してくる女友達。意地悪な発言をしてきた、その真意とは

▶NEXT:5月23日 月曜更新予定
会社を立ち上げた友人への、嫉妬と羨望


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル