top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

明治大vs慶応義塾大

高校野球ドットコム

春日部共栄の元エースがリーグトップの4勝目 明治大の主戦投手として成長中

明治大先発・村田賢一

<東京六大学野球春季リーグ:明治大2-0慶応義塾大>◇2回戦◇15日◇神宮

 2022年の春季リーグでトップとなるチーム打率.283、12本塁打、60得点の破壊力で首位争いを繰り広げる慶応義塾大。その打線を封じ込めて、3回戦に持ち込んだのが明治大・村田 賢一投手(3年=春日部共栄)だった。

 7回を投げ、被安打4、奪三振4、無失点と要所を締める投球でスコアボードに0を並べ続けた。この投球に「慶応義塾大はいい打者が多いので、低く投げることを徹底できたのが良かったと思います」と振り返れば、ベンチで見守った指揮官の田中監督からも「丁寧によく投げてくれました」と今季4勝目をつかんだ村田をねぎらった。

 セットポジションから動き出して、反動をあまり使わずにコンパクトにフォームをまとめながらも、最後は右腕を力強く振り抜く。140キロ前後の真っすぐは次々とミットに突き刺さり、乾いた音が球場に響いた。

 ただ本人の中では、これまでのリーグ戦の疲労も多少なりともあったそうで、状態は決して万全ではなかったという。だからこそ、普段であれば力勝負で行ってしまうところも「コースや高さを意識して投げよう」と丁寧に投げることを心に決めて投げ抜いた。

広告の後にも続きます

 脱力して制球重視にしながらも、「前日に蒔田(稔)が逃げ腰になって打たれたので、『攻めていこう』と思って投げていきました」と、丁寧かつ大胆に慶応義塾大打線と勝負した。そのうえで大きな効果を発揮したのが、130キロ前後で沈んだシンカーだった。

 春日部共栄(埼玉)時代から得意としていた変化球の1つで、強力・慶応義塾大打線を沈黙させた。もちろん、慶応義塾大も対策は講じてきたが、「想像以上の球が来ていたんだと思います」と堀井監督は振り返り、村田の球を改めて賞賛した。

 元々、春日部共栄時代から制球力は定評があったが、「明治大に入学してからはコントロールが高まったので、シンカーをカウント球としても使えるようになってきました」と引き出しが増えたことで、今日のように低めに集める投球ができるようになった。

 これまではリリーフで投げることが多く、抑えようとして気持ちが先走ってしまい、力みに繋がることが多かった。しかし、先発に回ったことや経験を積み重ねるにつれて「気持ちに余裕が生まれてきました」と、イニングを重ねてきたことに比例して、成長に繋がってきた。田中監督も「この経験をいい方向に繋げてもらえればと思います」とさらなる成長に期待を込めた。

 リーグトップとなる4勝目を挙げた村田。第1戦で投げているエース格の蒔田は同じ3年生。村田にとってはよきライバルといったところだ。さらに野手では4番に座る上田 希由翔内野手(3年=愛知産大三河)も同級生。3人が切磋琢磨してチームの底上げ、さらには優勝に繋げていくつもりだ。

 試合は3回に1死三塁から、3番・宗山 塁内野手(2年=広陵)の一打で先制すると、5回には2死二塁から4番・上田の適時打で2点目。貴重な追加点を挙げると、村田、高山 陽成投手(4年=作新学院)の継投で慶応義塾大をシャットアウト。2対0で明治大が勝利を手にした。



慶応義塾大先発・外丸 東眞
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル