top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

立教大vs早稲田大

高校野球ドットコム

最速148キロ右腕が快投 龍谷大平安OBの好投で立教大が優勝の望みつなぐ

立教大先発・島田直哉

<東京六大学野球春季リーグ:立教大7-3早稲田大>◇2回戦◇15日◇神宮

 1回戦に続き、立教大が2戦目も早稲田大を下して、勝ち点を奪取。優勝に望みをつないだ。先発マウンドを託された最速148キロ右腕・島田 直哉投手(4年=龍谷大平安)がその立役者となった。

 今季2度目の先発のマウンドで最多となる5.2回を投じて4奪三振、2失点と先発にふさわしいゲームメイクで、後続の投手陣にバトンをつないだ。

 セットポジションから勢いよく左足を上げると、滑らかな体重移動で着地。下半身の動きに連動させてテークバックもスムーズにとると、鋭い縦回転にあわせて右腕を振り下ろした。

 140キロ中盤も計測する快速球も光るが、何よりこの試合で島田の投球を支えたのはスライダーだった。

広告の後にも続きます

 120キロ後半~130キロ前半で鋭く沈む球に、早稲田大打線が苦戦した。中盤から浮いてきたところを捉えられ始めたが、立ち上がりこそ三振はもちろん、カウントを稼ぐのにも使うなど、非常に効果的な球種だった。

 ベンチで見守った溝口監督は「制球力に不安がある投手ですが、今日はスライダーでストライクが取れたので、的を絞らせなかったと思います」と好投を見せた4年生右腕を称えた。

 龍谷大平安時代から注目された投手だったが、3年の春にケガに襲われ、最後の夏は甲子園出場も登板機会はなかった。立教大進学後も、1、2年生までリーグ戦デビューはなく、3年生の秋季リーグから登板機会が増えてきたが、規定投球回数には未だ届いていない。今回の登板で規定投球回まで残り3分の2回となり、自身初の規定投球回に手が届きつつある。それだけ主戦力としてチームを支えている証拠でもあるだろう。

 チーム事情を見ても、昨シーズンまで抑えとして活躍し、大学代表候補にも名を連ねた宮 海士投手(4年=國學院栃木)をこの試合では中継ぎに起用。代わりに「荘司(康誠)とともに計算できる」と溝口監督が賞賛する沖 政宗投手(2年=磐城)がリリーフに回るなど、2人を中心とした投手陣に安定感ができつつある。

「まだ不安ではありますが、良い傾向にはあると思います」と優勝争いに向けて島田の好投は、好材料になりつつある。

 試合は初回から島田を打線が援護。4番・山田 健太内野手(4年=大阪桐蔭)が適時打を放つなど2点を先取すると、2回、5回にも追加点を奪い、4対0とリードを広げた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル