top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

宇宙人「グレイ」には人間のDNAが組み込まれている。米国の歴史学者が主張

カラパイア


 エイリアン(宇宙人)は1種だけではない。星の数だけ様々な種類が存在するが、地球で有名なのは「グレイ」だろう。

 アメリカではグレイによる誘拐(アブダクション)事件が数多く報告されている。彼らの話をまとめると、細かな違いはあるものの、灰色っぽい体色につるりとした大きな頭。ギョロっとした大きな目をしているという。

 それは人間とは明らかに違った存在だが、どことなく親近感もある。アメリカ・テンプル大学の歴史学者で、UFOの専門家でもあるデイビッド・ジェイコブ教授は、彼らが人間に似ているのは、グレイに我々のDNAが組み込まれているからだと説明する。

 同教授によれば、グレイの謎を解く鍵は、人間の口に相当する切れ込みがあることだそうだ。それは本来なら、彼らには不要なはずのものなのだという。

グレイは人間のDNAから作られた

 グレイが実在すると科学的に証明されたことは一度もない。だがジェイコブ教授は、これまで一貫して、地球には異星人が紛れ込んでおり、完全な侵略を狙っていると主張してきた。

 彼はリチャード・ドーラン・ショーに出演。番組中、グレイは異星人に誘拐された人間のDNAから作られたと主張した。

 これまで大勢の人たちが、異星人に誘拐されたと証言している。そうした人たちは、必ずグレイについて口にする。

 この事実は、異星人が人間を誘拐する目的は、DNAからグレイを作成するためであることを示唆しているようだ。

photo by Pixabay

なぜグレイには口の切れ込みがあるのか?

 グレイに人間のDNAが組み込まれているとの主張の根拠は、彼らが人間によく似ていることだ。「グレイには大きな真っ黒い目がある」と、ジェイコブ教授は話す。

photo by iStock

 その側頭部には、人間の耳に相当する2つの穴があるという。もちろん音を聞くためだろう。鼻に相当する2つの穴もある。臭いを嗅ぐためだろう。

 同様に、人間の口に相当する切れ込みがある。だがジェイコブ教授は、これは奇妙なことだと主張する。
問題は、なぜ口に相当する切れ込みがあるのか? という点だ。彼らが呼吸をするという証拠はいっさいない
 異星人に誘拐された人たちからは、グレイは額が触れるほど近寄ってきたとの証言が聞かれることがある。

 ジェイコブ教授は以前、そうした人たちに、その時グレイの息が顔に触れたかと尋ねたことがあるのだという。しかし、触れたと答えた人は誰一人としていなかった。

 その体は薄っぺらく、肺が膨張と収縮を繰り返している様子も確認されていない。

 またグレイは言葉を話さない。すべてテレパシーで伝えることができるからだ。さらに人間のように食べ物を食べることもない。

 呼吸をせず、話もせず、何も食べない。およそグレイに口など必要ないと思われるのに、なぜ口の部分に切れ込みがあるのか?

 この不思議な特徴こそ、グレイに人間のDNAが組み込まれている証拠であると、ジェイコブ教授は主張する。
確証はないが、自分にはそうとしか考えられない。すべては彼らには無用な、口の切れ込みに集約されている
 ジェイコブ教授がこの理論を披露する少し前、元NASAの科学者から、人類は今後数年のうちに異星人とのコンタクトに成功するだろうと発言があった。

 はたして、この奇妙な符合は何を意味するのだろうか?

References:‘Alien greys share DNA with humans due to small feature’ – Daily Star / written by hiroching / edited by / parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル