top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

交通不便、広大で歩き疲れる…難点が多いのに、アウトレットモールが郊外にできる理由

オトナンサー


アウトレットモールは、なぜ、郊外にできるのか?

 全国各地にアウトレットモールがあり、休日には多くの人が訪れます。さまざまなブランド商品などを一つの敷地内で見つけられることが、多くの人を引き寄せる理由なのかもしれません。とはいえ、ほとんどのアウトレットモールが都市部から遠く、交通が不便な場所にあり、また、敷地が広過ぎて買い物のために歩き疲れる欠点もあるように思います。なぜ、アウトレットモールは、都市部から遠く、広大なのでしょうか。経営コンサルタントの大庭真一郎さんに聞きました。

正規品販売との競合避けたい

Q.そもそも、「アウトレット」「アウトレットモール」とは、どのような意味ですか。どのような商品が売られているのですか。

大庭さん「『アウトレット』とは、在庫商品を大量に仕入れて安売りする小売り業態のことです。売れ残り商品や製造過程で傷が付いた商品、サンプル品などをメーカーから安く仕入れ、店舗で販売しています。

近年は、アウトレットとして安く販売する目的の商品を自ら製造し、店舗で販売する事業者も存在します。そのような店舗が数多く入店した商業施設のことを、『アウトレットモール』といいます」

広告の後にも続きます

Q.なぜ、アウトレットモールは、都市部から離れた場所にあることが多いのでしょうか。

大庭さん「主な理由は、(1)正規品との競合を防ぐため(2)広域から集客するため(3)広い敷地を確保するため(4)コストを安くするため─の4つです。

アウトレットモールでは、“非正規品”を販売しています。一方、都市部には、“正規品”を販売している店が多くあり、都市部にアウトレットモールを出店してしまうと、正規品販売と非正規品販売との競合が発生し、正規品が売りづらくなります。

また、アウトレットモールには、レジャー感覚で買い物などを楽しめる特徴もあります。その特徴を生かすため、広域から集客できる環境を整える必要があり、広域からの集客を行えば、車で来店する客が多くなることが想定されるため、広い駐車場スペースが必要となります。

そして、アウトレットモールの最大の特徴は、商品が安いことです。商品を安く販売するために、土地代などの固定コストを安く抑える必要があります。これらの理由から、アウトレットモールは、郊外の道路沿いの土地に出店することが多いのです」

Q.なぜ、アウトレットモールは、買い物だけで歩き疲れるほど広大なのでしょうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル