top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

オーストラリアのお風呂事情【オーストラリア】

ワウネタ海外生活


ホームステイなどをすると気づくかもしれませんが、オーストラリア人は日本人のように毎日湯舟につかるという習慣がありません。

冬場などの寒い時期でも、シャワーで済ますことが多いのが一般的です。

また、お風呂場に洗い場がついていません。

バスタブがついていることもありますが、バスタブとシャワースペースが離れていたり、バスタブの上にシャワーヘッドがついていたりします。

バスタブとシャワースペースが離れている場合、シャワースペースがグラスで囲われているか、カーテンレールとカーテンがついているタイプがあります。

そして、オーストラリアは乾燥していて水を節約する傾向があるため、ホームステイ先では、5分ほどでシャワーを浴びるように言われることもあります。

さらに、日本のように湯舟とシャワーを両方利用するケースは少ないようです。

実際、ホームステイ先でホストマザーに今日はシャワーにする、それとも湯舟につかる?っという選択肢を与えられたことがあります。

日本のような疲れをとるためにのんびり時間を過ごすお風呂タイムは、オーストラリアにはなく、カラスの行水状態でパパっと洗い流す、っといった感じです。

TOPICS

ランキング(おでかけ)

ジャンル