top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

千成屋珈琲あべのハルカスダイニング 懐かしのレトロ洋食メニューが登場 エモい!『 レトロ洋食 Fes』を開催

GourmetBiz

株式会社LIFEstyle ( 本社:大阪市北区) はミックスジュース発祥の店 『千成屋珈琲 あべのハルカスダイニング』にて、エモい!『 レトロ洋食 Fes』を開催します!

▲千成屋 洋食プレート~大人のお子様ランチ~¥1,500

エモい!『レトロ洋食 Fes』

【新メニュー】ハンバーグとケチャップライスのオムライス、エビフライ、ナポリタンがのった『千成屋洋食プレート~大人のお子様ランチ~』や、ハンバーグに目玉焼き、ナポリタンをのせた昔懐かしい定番の洋食プレート『ハンバーグ目玉焼きプレート』をはじめ、トロトロの半熟たまごにサクサクの衣をまとわせ、たまごの甘みを引き立てる自家製マヨネーズで仕上げた『名物 たまごカツサンド』。外はカリッと中はジューシーな牛カツに、甘めに仕上げたソースとマスタードを絡ませた『牛カツサンド』。絶品オムライスに大阪・新世界名物の串カツをトッピングした『千成屋オムライス~串カツ付き~』。昔ながらの焼きスパ『焼きナポリタン』などなど…みんな大好き懐かしのレトロ洋食メニューが充実のラインナップ!!

▲千成屋オムライス~串カツ付き~ ¥1,180

▲名物 たまごカツサンド¥900

▲焼きナポリタン(ミニサラダ付き) ¥980

レトロ洋食メニュー


▲ハンバーグ目玉焼きプレート¥1,100

▲牛カツサンド ¥1,500

▲レトロカレー ¥830

千成屋珈琲とは


昭和23 年大阪新世界の「ジャンジャン横丁」にて初代店主(恒川一郎)が前身となる果物店を創業。
店主の発案で完熟果物を独自の配合でミキサーにかけ店頭で提供したのがミックスジュースの始まりという。食に厳しい地元客らの間で「美味しい!」と評判になった。昭和35 年に喫茶店へと業態を変え「冷コー(アイスコーヒー)」とともに2 大看板メニューとなり、今でも「ミックスジュース発祥の店」として親しまれている。

■店舗概要
店舗名 : 千成屋珈琲あべのハルカスダイニング
( センナリヤコーヒーアベノハルカスダイニング)
業態 :純喫茶
住所 :大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43
あべのハルカス近鉄本店タワー館
あべのハルカスダイニング12F
営業時間:11:00~21:00
定休日 :施設に準ずる
席数:70 席

広告の後にも続きます

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル