top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

藤原ヒロシ、DJ引退理由を明かす「『そうはなりたくないな』と思っていたのに…」

TOKYO FM+

木村拓哉が親交のあるゲストを迎え、人生をしなやかに生きていく様や、ゲストの秘めた魅力や強さに迫るTOKYO FMの番組「木村拓哉 Flow supported by GYAO!」。5月のマンスリーゲストには、多くの男性リスナーからリクエストが寄せられていた藤原ヒロシさんが登場。5月8日(日)の放送では、藤原さんのキャリアをひも解いていきました。



◆藤原ヒロシが明かす、DJを引退した理由
1964年生まれ、三重県出身の藤原さん。ファッションデザイナー、ミュージシャン、音楽プロデューサーなど多岐に渡る分野で活躍。木村の2年ぶりとなるライブツアー「TAKUYA KIMURA Live Tour 2022 Next Destination」のツアーグッズの一部のデザインを、藤原さんが主宰するデザインプロジェクト「fragment design(フラグメントデザイン)」が担当しました。

ここでの話題は、藤原さんのキャリアスタートのきっかけについて。「新宿に『TSUBAKI HOUSE(ツバキハウス)』というクラブがあったり、ファッションも『MILK』や『MEN’S BIGI』とかDCブランドが流行っていた頃だったんで、そういう人たちに遊んでもらうようになって、そこからですかね」と振り返ります。

また、DJをしていた当時については、「ちょうど海外でヒップホップが産声をあげたぐらいだったんですけど、僕はそういうのがすごく好きで、自分でレコードも買っていたので、その持っているレコードを知り合いのクラブでかけさせてもらうというか。1日5,000円もらってDJするという感じでやっていたんですよ」と振り返ります。

その頃のDJというと「“サラリーマン”というか、クラブで給料をもらって、クラブにある備品としてのレコードをかけるのが仕事だったのね。そうじゃなくて、“自分が好きなレコードを持って行ってクラブでかける”ということをしたのが僕だったり、その前は、大貫憲章さんが自分の好きなロックをかける(DJイベント)『LONDON NITE』があったり。そういう時代に変わっていった頃なんですかね」と藤原さん。

1985年には、高木完さんとヒップホップ・ユニット「タイニー・パンクス」を結成。日本初のクラブ・ミュージック・レーベル「MAJOR FORCE(メジャー・フォース)」へ参加。1990年代からは自身の楽曲を発表する一方で、音楽プロデューサーとして、藤井フミヤさんや小泉今日子さん、UAさんなどのプロデュースも手がけます。2006年のDJ引退後は、ギター演奏による音楽活動をスタート。現在は、ソロのシンガー・ソングライターとしても活動しています。

あらためて木村が「もう、こういうこと(プロデュース)はしないんですか?」と質問すると、藤原さんは「しないわけでもないんですけど、“いい人がいたら”というか。でも、それをメインにやっているわけではないので。何かあったらやりたい気持ちもあるけど」と吐露。

さらに木村が、DJを引退した理由を尋ねると、藤原さんは「さっき、最初にDJをやったときの話をしましたけど、“自分の好きなレコードを持って行って、好きな曲をかけるDJ”だったんですね。(一方で)お店の従業員のDJもいて、いい曲がかかったら、その人たちに『これなんていう曲ですか?』って聞いても、その人たちは曲名もわからなくて、“ただ流行っていて、人気があるからかけている”ぐらいの熱量のDJがけっこういたんですよ。若かった頃の僕は、『そうはなりたくないな』と思っていたのに、気がついたら自分もそれに近い感じになっていたというか」と打ち明けます。

「レコード屋さんに行って、若い店員から『これいいですよ!』って薦められたレコードを買って、それをそのままかけたりして。それで『これ、誰だっけな?』って、そのアーティストもあんまり覚えられないというか。たぶん熱量も下がっちゃったんだなと思った」とその理由を明かしました。

次回5月15日(日)の放送も、引き続き藤原さんをゲストに迎えてお届けします。どうぞお楽しみに!

—————————————————-
▶▶この日の放送内容を「radikoタイムフリー」でチェック!
聴取期限 2022年5月16日(月) AM 4:59 まで

スマートフォンは「radiko」アプリ(無料)が必要です。⇒詳しくはコチラ
※放送エリア外の方は、プレミアム会員の登録でご利用いただけます。
—————————————————-

<番組概要>
番組名:木村拓哉 Flow supported by GYAO!
放送日時:毎週日曜 11:30~11:55
パーソナリティ:木村拓哉
番組Webサイト:https://www.tfm.co.jp/flow/

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル