top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

宇垣美里『明日カノ』演技に哀れみ…「ヨゴレ仕事」「迷走しとるよな」

まいじつ

宇垣美里 (C)まいじつ 

TBSを退社後にタレントへ転身し、昨年以降は『彼女はキレイだった』(フジテレビ系)などで、女優としても存在感を見せつけている宇垣美里。だが、現在出演中のドラマ『明日、私は誰かのカノジョ』(TBS系)における演技が、ネット上で興奮と憐憫を巻き起こしているようだ。

【関連】弘中綾香、なにわ男子、大原櫻子…恥ずかしい写真でファンを“ドン引き”させた有名人たち ほか

同ドラマはパパ活女子や、弱者男性を搾取する悪徳ビジネス・レンタル彼女の生態を描いた、同名漫画原作のオムニバスドラマ。フィクションということでかなり美化され、本物のパパ活女子の薄汚い実態は描かれていないが、若い女性を中心に人気を博している。

宇垣が演じているのは、整形費用を稼ぐためにレンタル彼女に登録している整形中毒の女性。彼女をメインに据えたエピソードは5月3日深夜に放送されたのだが、その演技が文字通り〝体を張って〟いるのだ。

「宇垣はオジサマの客に整形費用をねだるべく、体に密着した上、透け感の強いドレスでデート。色仕掛けで落とすため、わざとテーブルに両肘をついてギュッと胸を寄せ上げます。当然、ドレスからは谷間がお目見えするのですが、宇垣は畳み掛けるように相手の手を握って指を絡める。そのまま頬に押し付け、前屈みでさらに谷間を見せつけました」(芸能記者)

大興奮殺到の一方…お色気路線の仕事を憐れむ声も

広告の後にも続きます

さらに終盤のシーンでは、色仕掛けでソノ気になった男性から、道端で臀部をギュッと鷲掴みされるシーンも。しかし、宇垣は単なるレンタル彼女で金をせびっただけのため、男性はあれだけ誘われながらNOを突き付けられる悲しい結果に終わるのだった。

女子アナ時代から熱視線を浴びていたバストが生かされたこのシーンに、ネット上は一足早く夏が訪れたかのごとく、熱気に沸く大興奮の嵐に。だが一方では

《こんなヨゴレ仕事みたいなのしてるのか》
《今更こんなキャラでやっていくの?》
《キャラ探しで迷走しとるよな 田中みなみほど器用にキャラ作りできるタイプやなさそう》
《仕事選び的に文化人方面で行きたいんかと思ってたらこんな仕事もしててよくわからん》
《元アイドル女子アナに今さら脱がれてもって感覚に近い》

など、体を張った仕事を憐れむ声も上がってしまっている。

「宇垣は自らの豊富な資源を再分配し、同性への憧憬や異性への癒しを与える女神のような存在。セクシーな仕事を全て頭ごなしに性的搾取などと決めつける短絡的な人間には、その活動の高貴さが理解できないのでしょう」(芸能ジャーナリスト)

夏目雅子、吉高由里子、ナタリー・ポートマンなど、古今東西の〝大女優〟と呼ばれた存在は作品内で体当たり演技に挑戦している。お色気演技で体を張った宇垣も、哀れどころか〝殻〟を破って大女優へとステップアップしたと言えるのではないだろうか。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル