top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「世の平和のため」孔子が自らの生涯をかけて誓ったこととは

幻冬舎ゴールドライフオンライン

※本記事は、日本自動ドア株式会社・吉原二郎氏の書籍『孔子に学ぶ「五常の教え」』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

孔子(こうし)って誰(だれ)?

むかしむかし、中国(ちゅうごく)に、孔子(こうし)というりっぱな先生がいました。孔子(こうし)は人間(にんげん)にとって徳(とく)とは何かについて研究(けんきゅう)し、弟子(でし)たちと毎日(まいにち)のように議論(ぎろん)しながら、その研究(けんきゅう)を深めていました。孔子(こうし)は、その研究(けんきゅう)を深めるかたわら、中国(ちゅうごく)にあるさまざまな国に旅(たび)に出ました。そしてさまざまな国の政治家(せいじか)や有力者(ゆうりょくしゃ)らと会って、徳(とく)とは何かを教え、あるいは議論(ぎろん)し、平和(へいわ)な国を作るには、徳(とく)のある政治(せいじ)が必要(ひつよう)であることを訴えていました。今から二千五百年前のことです。

二千五百年前の孔子(こうし)が生きていた時代(じだい)は、戦争(せんそう)の絶(た)えない時代(じだい)でした。孔子(こうし)は、人々(ひとびと)が戦争(せんそう)ばかりの世(よ)の中で貧(まず)しさにあえぎながら、苦(くる)しい中で生活(せいかつ)している姿(すがた)を見て、武力(ぶりょく)や権力(けんりょく)ではなく、人徳(じんとく)によって国を治(おさ)めるべきだと考(かんが)えました。王様(おうさま)や、国の人々(ひとびと)すべてが、徳(とく)を身(み)につけることによって、世(よ)の中は平和(へいわ)になると信(しん)じていました。徳(とく)を身(み)につければ、人から尊敬(そんけい)され、慕(した)われて、誰(だれ)とでも仲良(なかよ)くなれる人柄(ひとがら)になる。

 

そのような徳(とく)の身(み)についた人徳者(じんとくしゃ)者は、思いやりがあって、正義感(せいぎかん)があり、礼儀(れいぎ)正(ただ)しくて、賢(かしこ)くて、人から信頼(しんらい)される。だから戦争(せんそう)や争(あらそ)いは起(お)こらない。人徳者(じんとくしゃ)は、必ず周囲(しゅうい)から必要(ひつよう)とされ、世(よ)の中のためになる仕事(しごと)を行い、みんなの役に立ち大事(だいじ)な仕事(しごと)を任(まか)されるようになる。孔子(こうし)はそう考(かんが)えました。ではいったいどうやって、そのような人徳者(じんとくしゃ)になれるのだろうか。

孔子(こうし)は、くる日もくる日もそのことを考(かんが)え続(つづ)けました。そして、まずは、相手(あいて)を思いやる心を持つことだと悟(さと)りました。自分(じぶん)を生み育ててくれた両親(りょうしん)や兄弟(きょうだい)、お世話(せわ)になっている近所(きんじょ)の人たちや、一緒(いっしょ)に遊んでくれる友達を思いやること。そして困(こま)っている人や苦(くる)しんでいる人々(ひとびと)を助けること。

広告の後にも続きます

そのような思いやりの心を身(み)につけるには、人の痛(いた)みや苦(くる)しみを、自分(じぶん)の痛(いた)みや苦(くる)しみとして感じられる人になることが、人徳者(じんとくしゃ)への道(みち)だと考(かんが)えたのです。両親(りょうしん)や先生、兄弟(きょうだい)や友達、さらには草花や犬や猫など、一緒(いっしょ)に生きている人や自然(しぜん)を思いやる心をひとことでいうと、それは「仁(じん)」であると悟(さと)りました。孔子(こうし)は、みずからの生涯(しょうがい)をかけて、仁(じん)の道(みち)を究(きわ)めることを誓(ちか)いました。

 
 

仁(じん)の教えを広める

孔子(こうし)は弟子(でし)たちとともに、修行(しゅぎょう)の旅(たび)にでました。旅(たび)の目的(もくてき)は、さまざまな国を見てまわりながら、弟子(でし)たちとともに仁(じん)の道(みち)を究(きわ)め、その教えを広くさまざまな国に伝(つた)え広めることでした。

さまざまな国を旅(たび)しながら、人々(ひとびと)が幸せに生活(せいかつ)しているかどうか、貧(まず)しい生活(せいかつ)を強(し)いられていないかどうか、戦争(せんそう)で苦(くる)しんでいないかどうかなどを注意(ちゅうい)深(ぶか)く見てまわりました。そして、人々(ひとびと)が貧(まず)しい生活(せいかつ)をしていたり、戦争(せんそう)で苦(くる)しんでいる国では、その国の王様(おうさま)と会って、人々(ひとびと)の苦(くる)しみを伝(つた)え、仁(じん)の心で思いやりをもって国を治(おさ)めることの大切(たいせつ)さを説(と)いてまわったのでした。

孔子(こうし)と弟子(でし)たちの一行(いっこう)は斉(さい)の国をおとずれました。町の人に聞くには、斉(さい)の国の王様(おうさま)は、家来(けらい)に反乱(はんらん)を起(お)こされて、王様(おうさま)としての地位(ちい)を奪(うば)われてしまい、権力(けんりょく)を失っていました。また、王様(おうさま)は自分(じぶん)の家族を大切(たいせつ)にしないことでも有名(ゆうめい)で、子供の世話(せわ)をせず、遊び呆(ほう)けていて、妻に面倒(めんどう)ばかりかけていることは、町の人々(ひとびと)がみな知っていました。

 

TOPICS

ジャンル