top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

一気に勝負を決めようとして…勢い余って敗れた力士の取組を名物実況アナが疑問視「あそこまで急がなくても」元若乃花は心情を推察

ABEMA TIMES

<大相撲五月場所>◇七日目◇14日◇東京・両国国技館

 前頭十六枚目・翠富士(伊勢ヶ濱)が、前頭十二枚目・妙義龍(境川)を上手出し投げで下した一番で、敗れた妙義龍は一気に勝負を決めようとし過ぎたのか、あっという間に土俵を割ってしまった。これに元NHKの名物アナが「あそこまで急がなくても」とコメントする場面があった。

【映像】妙義龍が“急ぎ”勝負を決めようとした取組

 立ち合い、一気に出てきて妙義龍に土俵際まで押し込まれる翠富士だったが、上手く体をかわしながら相手のまわしを取って、最後は上手出し投げで勝負を決めた。翠富士は4勝目、一方の妙義龍は3敗目を喫した。

 この取組を受け、ABEMA大相撲LIVEの実況席に座った元NHKの藤井康生アナウンサーは「ちょっと妙義龍、一気に攻め過ぎたでしょうか。あそこまで急がなくても良かった気がするんですけど、どうなんでしょうか?」とコメントした。

広告の後にも続きます

 同じく実況席に座った元横綱・若乃花の花田虎上氏が「これは翠富士に入られて、右の肩透かしをやられるのが嫌だから一気に出て行ったんでしょうね。一発で決めてやろうという心の現れだったのでしょう」と解説すると、藤井アナは「なるほど。確かに。右が覗いたことによって、急いでしまったということですね。相撲というのは面白いですね。そういう一瞬の形によって、心が変化し、体の動きに変わっていくということですね」と納得していた。
(ABEMA『大相撲チャンネル』)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル