top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平の大飛球にファン“がっかり” 「捕れないし、ホームランじゃないし…」残念リアクションが話題

ABEMA TIMES

【MLB】アスレチックス4-3エンゼルス(5月14日・日本時間15日/オークランド)

 エンゼルスの大谷翔平投手がダブルヘッダーの第1試合目に「3番・DH」で先発出場し、第3打席で技ありのヒットを放った。その直前、4試合ぶりの7号、さらにメジャー通算100号かという特大ファウルをライトポール際に放つと、直後にスタンドの男性ファンが見せた残念リアクションが視聴者の間で話題となった。

【映像】ファンが見せた“残念”リアクション

 1-0、エンゼルス1点のリードで迎えた5回表・エンゼルスの攻撃。2死走者なしの場面で、この日の第3打席となった大谷は、アスレチックス先発・ブラックバーンが投じた真ん中高めの初球を見送ってカウント1-0とすると、続く2球目、真ん中低めのチェンジアップをフルスイング。打球はライトポール際へとライナーで飛び込んだ。そのままスタンドインかという打球だけにスタジアムは騒然となったが、惜しくもポール際で切れてファウル。歓声はため息に変わった。

 その際、現地の中継映像がスタンドでホームランボールをキャッチしようと待ち構えていたファンが、スタンド下へと沈み込んでいくボールにがっくり肩を落とす様子を捉えていた。このファンの様子にABEMAで実況を務めたDJケチャップ氏は「捕れないし、ホームランでもないし…という感じかな」と表現。すると視聴者からも「うあーおしいいいい!!」「いったと思ったわ」「惜し谷さん」「惜しいけど出る雰囲気」といった様々な共感の声が寄せられた。

広告の後にも続きます

 なお、大谷はこの直後の3球目に外角低め、ボール気味のシンカーに上手く合わせてレフト前へと運び、マルチヒットに。解説の福島良一氏は「チームバッティング。“大谷イチロー”」と、安打製造機・イチローになぞらえる形で称賛した。(ABEMA『SPORTSチャンネル』)

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル