top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

西武の“かわいい”18歳が連日の躍動! 平松氏「こんなこと今までにない」

ベースボールキング

西武の“かわいい”18歳が連日の躍動! 平松氏「こんなこと今までにない」

◆ 2日連続のお立ち台!平松氏は「かわいい」連発

 13日に支配下登録されたばかりの西武の育成ドラフト2位ルーキー・滝澤夏央内野手(18=関根学園高)は14日、本拠地で行われた楽天戦に「2番・遊撃」で先発出場し、プロ初打点含む2安打2打点の活躍でチームの勝利に貢献した。

 西武は3点を追う7回、7番・栗山、8番・愛斗の連打で一死一、三塁の好機を作り、二死後、1番・川越がしぶとく三遊間を破る左前適時打を放ち2点差。なおも一・三塁で2番・滝澤が、右中間を破る適時三塁打を放ち同点となる2者が生還した。続く外崎の打席で、楽天3番手・安樂が暴投。三走・滝澤はあっという間に本塁を駆け抜け一気に試合をひっくり返した。

 滝澤は一軍デビューを飾った前日にも逆転劇を呼び込むプロ初安打を放っており、試合後には2日連続でお立ち台へ。初々しさを感じさせる受け答えで、歓喜の瞬間を振り返った。

 同日放送のCSフジテレビONE『プロ野球ニュース』に出演した野球解説者の平松政次さんは、「かわいい顔してるでしょう!大学だったら1年生。かわいい~。もう子供みたいなもんですよ」と、幼さが残るベビーフェイスの話題で切り出したものの、「守備、足、センスが良いので、バッティングで打つようになったら源田と競争するくらい」と、そのプレーぶりを大絶賛。

 活きの良い若獅子の登場に「(故障離脱中の)源田も安心してられませんよ、こんなに活躍していると。早く治して帰ってこないとポジションを取られるくらい。支配下になって2試合でお立ち台2回でしょ。こんなこと今までにないですよ。いい選手が入ってきましたね!」と賛辞が止まらなかった。

 また、同じく番組に出演した谷沢健一さんは、新潟県上越市出身という滝澤のプロフィールに注目。「小柄」「雪国出身」という共通点がある元ヤクルト・若松勉さん(北海道留萌市出身)を引き合いに出し、豪雪地帯で鍛えられたであろう足腰を中心としたボディバランスの良さを称えた。

 現役選手では最小の身長164センチということで話題になったが、ポテンシャルの高さはこの2試合で証明済み。解説陣は“小さな大打者”の異名をとるレジェンド同様、球界トップクラスの選手に成長することへの期待感も口にした。

☆協力:フジテレビONE『プロ野球ニュース2022』

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル