top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ジョーダン・スピースが1打差2位に浮上 松山英樹18位に後退

GDO

ジョーダン・スピースが1打差2位に浮上 松山英樹18位に後退

◇米国男子◇AT&Tバイロン・ネルソン 3日目(14日)◇TPCクレイグランチ (テキサス州)◇7468yd(パー72)

首位タイで出たセバスチャン・ムニョス(コロンビア)が「66」でプレーし、通算21アンダーの単独首位に抜け出した。2シーズンぶりのツアー2勝目へ後続に1打差で最終日に臨む。

「64」で回った地元テキサスのジョーダン・スピースが通算20アンダーの2位に浮上した。

ホアキン・ニーマン(チリ)が通算19アンダー3位。通算18アンダー4位でジャスティン・トーマス、この日のベスト「61」をマークしたジェームズ・ハーンが続いた。

大会連覇のかかるイ・キョンフン(韓国)は通算17アンダー6位につけた。世界ランキング1位のスコッティ・シェフラーらが16アンダー9位に並んだ。

広告の後にも続きます

11位から出た松山英樹は7バーディ、2ボギー1ダブルボギーの「69」でプレーし、通算14アンダーの18位に後退した。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル