top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

大谷翔平、Wヘッダー初戦で168キロの弾丸二塁打も含むマルチ安打! エ軍は守護神が2死からまさかのセーブミスで敗戦

THE DIGEST

大谷翔平、Wヘッダー初戦で168キロの弾丸二塁打も含むマルチ安打! エ軍は守護神が2死からまさかのセーブミスで敗戦

 現地時間5月14日、ロサンゼルス・エンジェルスの大谷翔平は、敵地で行なわれたオークランド・アスレティックス戦とのダブルヘッダーの初戦に「3番・DH」でスタメン出場。4打数2安打1打点(1四球)と、目に見える結果を残した。

 ダブルヘッダーとあって13時プレーボールというハードスケジュールとなった一戦で、エンジェルスはマイク・トラウトやアンソニー・レンドーンという主力打者を休養。そのなかで元気にスタメン入りを果たした大谷は、第1打席から魅せる。

 無死一、三塁という好機で訪れた初回の打席は、カウント1-1から相手先発ポール・ブラックバーンが投じた外角低めへのシンカーを巧みにセンターへと弾き返す。この打球は外野へ抜けたかと思われたが、横っ飛びで好捕した相手ショートのエルビス・アンドゥルースが二塁ベースに滑り込みながら左手でタッチ。ビデオ判定の結果、一塁ランナーはアウトとなるが、三塁ランナーが帰還して、大谷に1打点が記録された。

 惜しくもヒットにはならなかったものの、勝負所で巧打を見せた大谷は、続く打席でも結果を残す。

 3回に2死一塁という局面で迎えた第2打席にふたたびブラックバーンと対峙すると、カウント1-0からの2球目、内角に食い込むカットボールをジャストミート。104.4マイル(約168キロ)という強い打球はあっという間にライト線を破って、2死二、三塁という好機を生み出すツーベースとなった。

 その後、打線が繋がらずに得点には至らなかった。だが、エンジェルスは先発左腕のヨナサン・ディアスが1点を守って好投。アスレティックス打線を寄せ付けない。
  25歳の若手左腕が好投を続けるなかで、大谷は打撃でチャンスメークを続ける。2球目にあわや本塁打という惜しいファウルを放った5回表の第3打席には、外角低めのボールゾーンに投じられたシンカーを巧みに弾き返してレフト前ヒットにした。

 3試合ぶりにマルチヒットを記録した大谷は、チームが7回裏に追いつかれて迎えた8回表に先頭打者として4度目の打席に立つ。しかし、この打席は相手左腕サム・モールの外角へのスライダーを打たされてファーストゴロと凡退してしまう。

 だが、今季好調のエンジェルスは、ここから代打攻勢で勝負を決めた。まず、1死一塁となってからトラウトを代打に送る。ここは申告敬遠で勝負を避けられたが、続く打者のところで登場したレンドーンがタイムリーヒットを放って勝ち越したのである。

 その後、アンドリュー・ベラスケスのレフト前ヒット間に、相手外野手のエラーが絡み1点を加点。チームが着実にリードを広げて迎えた9回表に1死二塁の好機で5度目の打席に立った大谷は、相手バッテリーの徹底した外角攻めを冷静に見極めて四球で出塁した。

 9回表に作ったチャンスで得点を奪えなかったエンジェルスは、最終回に信頼できるクローザーのライセル・イグレシアスが誤算を生む。2死までをコンスタントに奪ったが、そこからヒットと四球でピンチを招くと、ルイス・バレーラに3ラン本塁打を被弾。これで3対4とされてサヨナラ負けを喫した。

構成●THE DIGEST編集部

【関連記事】日本総領事の始球式中止が物議! マウンドを“譲らなかった”メッツ大投手シャーザーに非難の声も「必要のなかった国際的問題だ」

【関連記事】昨季の快進撃時もそうだった“覚醒”の兆候!? 米記者も指摘する大谷翔平の左中間打球増加は苦境脱出のサインだ

【関連記事】「なんて馬鹿馬鹿しい」大谷翔平の“メディア対応”に関する記事が物議。米屈指の“マニア”から異論も

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル