top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

森保Jが挑む王国ブラジルの最新序列を徹底解剖! カゼミーロ、フレッジ、L・パケタが中盤のベース、ネイマールの配置は…

SOCCER DIGEST Web

森保Jが挑む王国ブラジルの最新序列を徹底解剖! カゼミーロ、フレッジ、L・パケタが中盤のベース、ネイマールの配置は…

 FIFAランキングで1位に立つ最強のブラジル代表が日本にやってくる。6月2日にソウルで韓国代表と、同6日に東京の新国立競技場で日本代表と対戦するが、この2試合でネイマール(パリ・サンジェルマン)ら27人の招集メンバーをチッチ監督がどう振り分けるかは不明だ。
 
 ブラジルにとってもカタール・ワールドカップへ向けた貴重な強化試合であり、2試合でターンオーバーに近い使い分けをしてくると考えられるが、これまでの起用法などから今回招集された27人の現時点の序列を考えた。

 準々決勝でベルギーに敗れた2018年ロシアW杯でも指揮を執っていたチッチ監督だが、さすがにあれから4年が経っているので、より参考にしたいのは昨年11月に行なわれたコパ・アメリカ決勝のアルゼンチン戦。そしてカタールW杯出場を決めた南米予選のコロンビア戦だ。

 過去にない快進撃で、5試合を残して予選突破を決めてしまったので、それ以降はアルゼンチ戦も含めて、テスト色の強い選手起用が多く見られた。そこでアピールした選手や、所属クラブでのパフォーマンスで評価を上げた選手もいるかもしれない。だが、やはり上記の2試合が序列を考えるベースになってくる。
 
 GKはコパ・アメリカ決勝がエデルソン(マンチェンスター・C)で、南米予選のコロンビア戦がアリソン(リバプール)だった。そして昨年9月に行なわれたペルー戦では、ウェベルトン(パルメイラス)が起用されている。

 ただ、W杯予選で突破が決まったあとの5試合のうち、4試合でアリソンが出場しており、今季CL決勝を戦うリバプールの守護神が一番手と見ていいだろう。二番手はエデルソンだが、ウェヴェルトンも逆転可能な位置にいるはずだ。

 右SBのファーストチョイスはダニーロ(ユベントス)か。しかしながら東京五輪でオーバーエイジとしてU-24ブラジル代表の金メダル獲得を支えたダニエウ・アウベスも、昨年末にバルセロナに復帰して健在ぶりを示している。半年後のコンディション次第では、カタールW杯の開幕スタメンを果たしていてもまったくおかしくない。

 CBはマルキーニョス(パリSG)とチアゴ・シウバ(チェルシー)のコンビがほぼ鉄板だ。ただ、現在37歳のT・シウバは年齢的なこともあり、半年後を踏まえてアンタッチャブルな存在になっていくことは危険だ。その意味でも現在の三番手と見られる機動力の高いエデル・ミリトン(R・マドリー)、そして大型レフティのガブリエウ・マガリャンイス(アーセナル)がテストマッチで良いパフォーマンスを出せるかがキーポイントのひとつになる。
 
 左SBはアレックス・サンドロ(ユベントス)がファーストチョイスか。ただし、絶対的とは言えず、南米予選のラスト3試合では、アレックス・テレス(マンチェスター・U)が2試合、ギリェルメ・アラナ(アトレチコ・ミネイロ)が1試合でテストされている。

 バランスワークに優れたA・サンドロとウイング性能にも優れるA・テレス、運動量が豊富なG・アラナで持ち味が異なるので、ここに関してはチッチ監督が相手や組み合わせによって使い分けていくかもしれない。

 中盤は4-2-1-3の場合と4-1-2-3の場合でメカニズムもやや変わってくるが、カゼミーロ(R・マドリー)、フレッジ(マンチェスター・U)、ルーカス・パケタ(リヨン)の3人がコパ・アメリカ決勝と予選突破を決めたコロンビア戦の両方で先発しており、中盤のベースになることは間違いない。

 そこに攻撃的なフィリッペ・コウチーニョ(アストン・ビラ)、守備の強度が高いファビーニョ(リバプール)、パワーと展開力を兼ね備えるブルーノ・ギマラエス(ニューカッスル)がどう挑むかだ。

 もう一人、MFで選ばれているダニーロ(パルメイラス)は左利きの万能型MFだ。3ハーフならアンカーもインサイドハーフもできる。スルーパスのセンスが高い選手で、欧州組のメンバーとも毛色が違うので、チッチ監督がどう起用してくるのか興味深い。
 
 前線はネイマール(パリSG)がエースであることに変わりはないが、左ウイングとゼロ・トップ気味で中央に入る場合があり、それによって構成が変わってくる。

 実績と経験を考えれば、中央はガブリエウ・ジェズス(マンチェスター・C)、左はリシャルリソン(エバートン)が優先されそうだが、そこもネイマールの配置次第と言える。右ウイングはラフィーニャ(リーズ)が一番手か。ただ、R・マドリーの新鋭ロドリゴも成長著しく、この遠征が序列に大きく影響するかもしれない。

 184センチとFW陣で一番長身のマテウス・クーニャ(A・マドリー)はやはりCFで、ネイマールやG・ジェズスがそこに入るのとは違って、縦のサクビを受けたり、クロスに合わせたりといったプレーも多くなる。

 ヴィニシウス・ジュニオールは、R・マドリーの定位置でもある左ウイングでネイマール、リシャルリソンに挑んでいく構図か。ガブリエウ・マルティネッリ(アーセナル)は左右中央、どこでもこなせるので、チッチ監督にもかなり重宝されるのではないか。

文●河治良幸

【PHOTO】日本代表を応援する「美女サポーター」を厳選!

【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち

【PHOTO】C・ロナウド、アグエロ、ベンゼマ、イブラ、ポグバetc…世界的名手たちが誇るスーパーカーを厳選&一挙紹介!
 

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル