top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

会ったこともない男から、職場に突然電話が掛かってきて…?そこで告げられたゾッとする要求とは

東京カレンダー

会ったこともない男から、職場に突然電話が掛かってきて…?そこで告げられたゾッとする要求とは

ハイスペ男に“選ばれる女”は、一体何が違うのか?

「俺は結婚に向いていないし、結婚しなくても十分幸せだ…」

と、思っていたバツイチ男が“ある女”と再婚した。

彼の結婚の決め手は何だったのか――。

6人の女性の中から、彼に選ばれたのは誰?

◆これまでのあらすじ

2016年にバツイチとなった桜井和真はその後、5年の間に5人の女性と出会い、デートを重ねていた。

2016年の玉城玲奈とは海外旅行をともにして、2017年の行野澪とは交際に発展し、2018年の椎名由起子には逆プロポーズされ、2019年の黒木彩とのデートで失敗し「恋愛も結婚も向いていないタイプだ」と自覚する。

そして2020年のステイホーム中に石川沙耶と出会うが、和真のもとに元妻から離婚以来の連絡が届いていたのだった。

▶前回:Case6:2021年の桜井佑子(33歳)



Case6(回答編):2021年の桜井和真(34歳)


5年ぶりに前妻・佑子と会って食事をした。2020年の自粛期間中、体調を崩した彼女に差し入れをしてから「お礼させてほしい」と言われていたからだ。

それに和真には、この時点で交際している女性も、デートしている女性もいなかった。だから誰に気兼ねすることもない。

久方ぶりに会った佑子との会話は盛り上がり、再婚の話になったときにこう尋ねてみた。

「…佑子は、どう?再婚しようとは思わないの?」

「んー。思わないかな」

そのときの表情と喋り方で、和真は直感した。彼女は嘘をついている、と。

「結婚はもうこりごり。一生、再婚しなくていい」

付け加えた佑子の一言で、和真の直感は確信に変わった。

― そうか。佑子には結婚を考える相手がいるのか。

寂しい気持ちは湧かない。離婚から5年、和真自身も5人の女性とデートを重ねた。佑子にそういう相手ができることは当然だし、むしろ喜ばしい気持ちさえした。

ただ彼女は正直に伝えたくないようだ。

和真もそれに合わせて、余計なことは聞かないようにした。


その後、意外な人物が和真の前に現れて…?

佑子との再会から、1週間が過ぎたころ


ある日、和真が経営しているグラフィックデザイナーの所属事務所に「門脇」と名乗る男性から連絡が入った。

都内数ヶ所で、音楽スタジオを経営している人らしい。

仕事の依頼かと思い、担当マネージャーが話を聞いたところ「大変失礼ながら、プライベートな理由で和真さんに会わせてほしい」とのことだった。

なんだか意味がわからない。門脇という苗字の知り合いはいないし、マネージャーも警戒している。

「どうします?無視しますか?」

「そうだな。一応、先方のメールアドレスだけ教えてくれる?」

しかし翌日。納期より早めにデザインが仕上がり時間ができたので、彼に連絡を取ってみることにした。クリエイターとして生活していると、たまにこういう刺激が欲しくなるのだ。

プライベートな理由で会いたいとは、どういう意味なのだろう。言葉遣いをなるだけ丁寧にして聞いてみると、返信はすぐに来た。

『ぶしつけな連絡となり大変失礼いたしました。私は門脇慎吾といいます。現在、桜井佑子さんとお付き合いさせてもらっている者です。

私は佑子さんと結婚したいと思っています。桜井さまにはそのお許しを頂きたく、失礼を承知で連絡させていただきました』

呆気に取られた。「えっ…」と、思わず声が漏れる。

百歩譲って、佑子の恋人が連絡を取ってきたことは理解できる。

好きになった相手に離婚歴があったとき、以前の配偶者に会ってみたいと思う人間は少なからずいるだろう。実際に連絡を取るかは別にして。

だが混乱するのは、まず佑子が「桜井佑子」であること。離婚後、旧姓に戻っているとばかり思っていたから。

そして、もう1つの混乱の理由は、門脇が「佑子との結婚の許し」を和真に求めてきたことだ。

「そんなの勝手に結婚してくれよ。俺の許可なんていらないから…」

だが、しばらくして思い直す。

― もし佑子が「前夫から結婚許可を貰ったらOK」という条件を出していたら?

そんなハズはないと思うが、万が一ということもある。

離婚したとはいえ、佑子には幸せになってもらいたい。だから和真は、門脇と会ってみることを選んだ。

もはや「クリエイターだから刺激が欲しい」なんていう戯言とは、関係がなかった。



土曜日の昼下がりに丸の内で


「えっ…?彼女とは、5年も会ってなかったんですか?」

丸の内の『VIRON』で会った門脇は、拍子抜けしたようだった。

「じゃあ彼女のことは、もう好きじゃないんですか?」

「はい、好きでも何でもないです。だから言い方はよくないですが、ぜひご自由に結婚なさってください」

佑子は離婚後も、桜井姓を名乗っていた。その理由は彼女に聞いてみないとわからない。

だがそのせいで門脇は「離婚しているのにお互い未練がある状態だ」と誤解していたらしい。ゆえに、和真へ結婚の許可を求めてきたのだ。

「すいません…。それはなんというか、本当に失礼なことをしました」

顔を真っ赤にして門脇は謝ってきた。

彼は和真の5つ上。佑子から見れば、6つも上だ。そんな男性に対する表現としてはそれこそ失礼だが、和真はこう思った。

― 門脇さん、人間っぽくてかわいらしいな。

恋は人間を愚かにさせ、純朴にさせる。普段なら誤解しないようなことでも、勘違いしてしまったのだろう。

「ちょっと飲んでいきませんか?」

「お酒を?」

「はい。お酒を」

和真は、もう少し門脇と話してみたかった。すると彼は声のボリュームを大きくして、こう言ったのだ。

「失礼なことをしたので奢らせてください。それでよければぜひ!」


前妻の婚約者と、2人きりで飲んだ結果…

同じ女を愛した男同士


和真と門脇の会話は、大いに盛り上がった。

佑子とどのように出会い、どこに惹かれ、好きになっていったのか。インタビュアーとなって根掘り葉掘り聞くと、門脇は正直に、そして即座に答えてくれる。

話せば話すほど、彼の魅力を感じた。

門脇は一生懸命なのだが、どこか抜けていて可愛げがある。

実力主義の世界で戦ってきた和真は、常々思っていた。「最終的に大事なのは可愛げだ」と。同じ実力の2人がいて、どちらか1人を選ぶとなったとき。決め手となるのはその人の“可愛げ”だったから。

門脇には天性の可愛げがあった。佑子が惹かれるのも無理はない。

「今日、俺たちが会って話したことは佑子に伝えるんですか?」

和真が尋ねると、門脇は押し黙る。熟考したのだろう。沈黙ののち、こう言った。

「言いません。秘密にします」

「なぜです?」

「僕は自分の身に起きたことを、何でも彼女に話してしまう癖があって…。でも結婚前に1つぐらい秘密を持ってもいいかなと思っていたんです。和真さんと会ったことが、ちょうどいい秘密になります」

「ちょうどいい秘密」なんて面白い表現をする人だと思い、和真は笑った。

「わかりました。秘密にしましょう」

和真はすっかり門脇という男に魅了され、気づけばあっという間にワインを1本空けていた。

「和真さんと話せて良かったです。和真さんのような人を選んだ彼女のことが、もっと好きになりました」

そして恥ずかしげもなく、彼はそう言ったのだった。



門脇との“奇妙な会合”を終えて


帰宅したころになると、和真は無性に結婚したくなっていた。前妻の佑子が見つけた、新たな相手。そして新たな幸せが羨ましかったのだ。

「和真さんのような人を選んだ彼女のことが、もっと好きになりました」

門脇が発した一言は魔法のように、和真の心を変えてしまった。

― ダメだ、俺も結婚したい。

ベッドに寝そべりながら、離婚後の5年間で起きた出来事を反芻する。思い返せば、1年に1人の割合で「この人はいいな」と思う女性がいた。けれど、いずれとも今は疎遠だ。

離れた理由は様々ある。和真から離れたことも、相手から離れていったこともあった。でも根本的な理由は、ただ1つ。

「俺は、結婚に向いてないんだよな…」

5年前の想いは、今も変わっていない。相手がどんな女性だろうと、和真は結婚生活を続ける自信がないのだ。

それはむしろ5年前よりも、佑子を含めた6人の女性たちとのデートを経た現在のほうが強く感じていた。

― でも、俺のどこが結婚に向いてないんだろう?

ふと疑問が生じる。

今まで自分では「大人じゃないから」と考えていたが、それは5年前の離婚直後のこと。当時はまだ20代で、今はもう34歳。大人じゃないなんて言える年齢ではない。

― 大人になったはずなのに、いまだに結婚は向いてないと思っているのはなぜなんだ?

「そんなの知るかボケ」と言われることを承知で、和真は聞いてみることにした。この5年で出会い、特別な関係となった女性たちに。

愚かなことをしていると、わかっている。けれど門脇と話した今日の自分は、愚かなことをやってしまうハードルが下がっていた。

2016年に出会った玲奈、2017年に出会った澪、2018年に出会った由起子、2019年に出会った彩、2020年に出会った沙耶。それぞれにLINEをしてみる。

『お久しぶりです。少しだけ話すことはできますか?』

あまりに失礼で、恐ろしいほど愚かなことをしている自覚はある。それでもLINEしてしまった。

和真は馬鹿な自分に驚いていたが、それ以上に驚いたのは、送信後1時間以内に5人全員から返信が来たということ。

5人が5人とも「ぜひ話しましょう」という意味の返事をくれたのだった。


▶前回:離婚して5年、いきなり元夫に「会いたい」と連絡する女。再婚相手も決まっているのに、何の魂胆が…?

▶1話目はこちら:結婚願望のないハイスペ男が“結婚”を決意。絶対手に入れたかった女とは

▶Next:5月22日 日曜更新予定
5人と話すことで、和真はそのうち1人と結婚したくなり…。


TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル