top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

まるでおもちゃ箱をひっくり返したよう! 川平慈英&長野博&松岡充&鈴木壮麻、ミュージカル『Forever Plaid』ゲネプロ&会見レポート

SPICE

オフ・ブロードウェイ・ミュージカル『Forever Plaid』(撮影:岡千里)



2022年5月14日(土)、東京・よみうり大手町ホールからミュージカル『Forever Plaid(フォーエヴァー・プラッド)』が全国ツアーを始動させる。

スチュワート・ロス脚本による1990年初演のオフ・ブロードウェイのミュージカルコメディ。日本では2013年から日本版が初演され、2016年再演、そして、2020年の中止から2年ぶりに再演を迎える。演出は初演から板垣恭一が継続して務め、奇跡のハーモニーグループ『Forever Plaid』のメンバーも初演より引き続き、川平慈英、長野博、松岡充、鈴木壮麻が演じる。

ついに14日(土)よりはじまるファイナル公演。それに向けて行われたゲネプロの様子をリポートする。


広告の後にも続きます

不慮の事故で亡くなったはずのアメリカの4人組男性コーラスグループ「Forever Plaid」は、謎のステージで目覚める。戸惑う4人だが、ここにはバンドも、なんと観客も存在。──自分たちの夢だったショーができるじゃないか! と、意気揚々とショーをはじめることにする。歌を愛し、グループでの成功を夢見た彼らは、ビッグショーで披露するはずだった歌を次々と披露していく。全編通して、「Forever Plaid」のショーとMCで進んでいくという形式をとる。

リーダーはフランシス(川平)。彼は喘息でありながら明るく、全員を鼓舞し、前向きに引っ張っていく。はじめのころはやはり喘息が出てしまい、吸引しながらステージを所狭しと駆け回る。

ジンクス(長野)は緊張すると鼻血を出してしまう体質。ステージ中も興奮して何度か鼻血を出して、隅っこで鼻を抑えるシーンがある。興奮しすぎては!? と思うくらいだが、彼からすれば、すでにもう夢半ばで諦めたはずの舞台、逆に止まる方がすごいのかもしれない。



スパーキー(松岡)はジンクスの義理の兄弟。ファニーで明るく、おしゃれな彼は舞台の上でとても楽しそうにダンスや歌を披露する。

ひとりだけトランクを抱えたスマッジ(鈴木)は、生真面目で、大人しそうに見えるが多くの感情を抱えている。彼の低音はステージから客席を包み込むように響いていった。

舞台は1964年のアメリカ。世界中はビートルズブームに熱狂し、アメリカでも男性グループにスポットが当たっている。彼らはそんななか自分たちの歌声をアメリカ中に響かせることを夢見た半ばで亡くなったのだ。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル