top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

奈良大附vs天理

高校野球ドットコム

奈良大附が天理を下して9年ぶりの春優勝

2回表に2ラン本塁打を放った幡 剛志(奈良大附)

<春季近畿地区高校野球大会奈良県予選:奈良大附6-3天理>◇14日◇決勝◇佐藤薬品スタジアム

 奈良大附がセンバツ出場校の天理を下して9年ぶり2回目の優勝を果たした。

 奈良大附は1回表、1死二、三塁から4番・北森 慶之(3年)の右犠飛で1点を先制すると、2死三塁から森 一真(3年)が左中間への適時二塁打を放ち、立ち上がりから2点のリードを奪う。さらに2回表には1死二塁から9番・幡 剛志(3年)が右越え2点本塁打を放ち、序盤から奈良大附が試合を優位に進めた。

 対する天理は2回裏、無死一、二塁から7番・松本 大和(1年)の中前適時打で1点を返すと、無死一、三塁から8番・村上 洸星(2年)の併殺打の間にもう1点を返す。

 だが、奈良大附は簡単に流れを渡さない。3回表に荒川 翔大(3年)の左前適時打で1点を追加。4回裏に松本にソロ本塁打を浴びて再び2点差とされたが、5回表に6番・坂東 泰樹(3年)の左越えソロ本塁打で突き放した。

広告の後にも続きます

 点の取り合いとなった前半と打って変わって、後半は落ち着いた試合展開となる。奈良大附は4回途中からリリーフした森下 元揮(2年)が好投。要所で変化球を上手く使い、5回3分の2を投げて強打の天理打線をわずか1安打に抑え込んだ。

 9回裏の守備も3人で抑えた奈良大附が優勝。最後のアウトを取った後にはマウンドに歓喜の輪ができた。

 ケガ人が多く、準々決勝までは苦戦が続いた奈良大附。それでも準決勝から1番遊撃手の河原 巧(3年)が戦列に復帰すると、攻守に安定感が生まれ、準決勝(畝傍に8対0で7回コールド勝ち)、決勝で快勝を収めた。「2回戦から苦戦続きでしたが、最後に勝負強く勝ってきたところは良いところかなと思います」と頷く田中 一訓監督。21日から始まる近畿大会、そして夏の大会に向けて弾みのつく優勝となった。

 9年ぶりに出場する近畿大会に向けて、田中監督は「夏までの通過点として良い経験ができるようにチャレンジ精神で頑張ります」と意気込む。4年ぶりの夏の甲子園出場に繋がる大会とできるだろうか。

 「情けない試合をしたと思います。初回に入りが悪ければ、終盤にかけても良いゲームができないと改めて感じました」と俯いた天理の戸井 零士主将(3年)だが、収穫がなかったわけではない。

 エースの南澤 佑音(3年)は右肘の違和感で今大会での登板を回避。検査の結果、幸いにも異常はなく、夏の大会での登板は問題なさそうだ。その中で今大会は多くの投手が経験を積むことができた。特に左腕の中川 輝星(2年)が準決勝、決勝で安定した投球を見せるなど、夏の戦力として計算できる目途が立ったのは大きい。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル