top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

遺体を隠そうとした男が心臓発作で死亡 恋人を絞殺した天罰か

Sirabee

人を殺し、遺体を隠して逃げ切ろう…。そう考えていたとみられる男が逃げる前に死んでいたことを、『LADbible』などの海外メディアが報じている。


■60歳男の突然の死

アメリカ・サウスカロライナ州トレントンで暮らす男(60)が、自宅の庭でいきなり倒れ動かなくなった。

しばらくすると近所で暮らす人たちが男を発見し、慌てて蘇生を試み通報。心臓マッサージ(胸骨圧迫)を続けて救おうとしたが、男は目を覚ますことなくそのまま死亡した。

駆けつけた警察は男の関係者に連絡することにし、まずは同棲していた男の恋人(65)を探すことにした。


関連記事:名門大学で寮の11階から女子学生が転落死 遺体は廃棄物処理施設へ

■家の中に残っていた血痕

広告の後にも続きます

家の中を調べてみるとキレイに掃除されていたというが、あちこちに血痕が残っていたという。そこで敷地を調べたところ、庭の穴に半分だけ埋まったゴミ袋があったため引きずり出すと、女性の遺体が出てきた。

この女性こそが男の恋人であること、また家にあった血液も女性のものであることが判明した。

■女性の死因が明らかに

女性の遺体を詳しく調べると、首を絞められ窒息死したことが分かった。絞殺された場所は、女性が男と一緒に暮らしていた家の中だった可能性が高い。

女性には双子の女きょうだいがいたが、突然の悲しい知らせに大変なショックを受けている。「とても元気な人だったんです」「65歳でまだ仕事も続けていました」「自分の一部を失ってしまった気分です」と述べ、悔しさをにじませた。


■事件の真相は…?
  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル