top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

広瀬すず、減量中の松坂桃李を横目に焼肉&ラーメン「申し訳ございません」

WEBザテレビジョン

広瀬すず、減量中の松坂桃李を横目に焼肉&ラーメン「申し訳ございません」

俳優の広瀬すずが5月13日、都内で行われた映画「流浪の月」初日舞台あいさつに、ダブル主演の松坂桃李、共演の横浜流星、多部未華子、内田也哉子、メガホンをとった李相日監督とともに登壇した。

凪良ゆうの傑作小説を実写化した同作は、広瀬と松坂によるダブル主演作。10歳の時に誘拐事件の“被害女児”となり、広く世間に名前を知られることになった女性・家内更紗(かないさらさ)を広瀬が、その事件の“加害者”とされた当時19歳の青年・佐伯文(さえきふみ)を松坂が演じる。

■松坂桃李、「情熱大陸」で広瀬すずを見て…

初日を迎えた心境を聞かれた広瀬は「作っている最中は“どう見ているか”よりも更紗として生きることに必死だったので、どういうふうに映画が届くのかなっていうのが、ここ最近の中でも特別に強くドキドキと楽しみとちょっとした緊張感みたいなものを感じます」と胸の内を明かした。

また、撮影前に李監督から「もう少し儚くなって」との指示があり、減量して現場に入ったという広瀬だが、撮影中はモリモリと食事をしていたということが明かされると、「(撮影がハードで体重が)減っていっちゃうので、食事の管理をしてくださっているトレーナーさんから『食べてください。炭水化物も食べてください』って言っていただいて。特にお昼はちょっとした息抜きにもなりいますし、軽い気持ちになれるので、よくマネージャーさんと焼肉屋さんに行って食べていました。監督とも一度そこに行きました」と説明。

これに李監督が「(減量していた)桃李くんのことを考えると胸がいっぱいです」と吐露すると、広瀬も「申し訳ございませんでした」と謝罪した。

これに松坂は「カメラテストのときに(広瀬が)ものすごいシルエットで現れたですよ。“めちゃめちゃ痩せている!”と思って、これをキープしていくとなると大変だろうなと思っていたんですけど、現場に入ったらトレーナーさんと相談してお昼は好きなものを食べていいと聞いていたので、良かったって思いました」と理解を示し、「焼肉屋に行くし、『情熱大陸』(TBS系)を見たらラーメンをすすっているし、本当に羨ましいって思いました」とコメントして会場の笑いを誘った。

■「なつぞら」親子が再会

さらに、キャスト陣にサプライズで本作に出演している増田光桜が登壇し、広瀬と松坂に花束を贈呈する一幕も。

連続テレビ小説「なつぞら」(2019年、NHK総合ほか)で親子役を演じた増田と再共演に、広瀬は「娘なんです」と目を細め、「朝ドラの期間が長くて、お母さん役が初めてだったので、光桜ちゃんとのコミュニケーションを大事に、半年近くずっと休憩中遊んでいたので、こんなにすぐ、しかも李組で共演させていただけたことがものすごくうれしくて」と喜んだことを振り返る。

「勝手に遠いお母さんの気持ちが離れず、監督と横に並んでいると感動して泣きそうになりました。それくらい、距離が近いままお芝居を続けることができたので、今回もその延長線上で共演できて幸せです」と声を弾ませていた。

◆取材・文=風間直人

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル