top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【全日本】アジアタッグV4 児玉「絶好調」で世界ジュニア挑戦へ 北斗「気持ちいい凱旋とはまさにこのこと」

プロレス/格闘技DX

【全日本】アジアタッグV4 児玉「絶好調」で世界ジュニア挑戦へ 北斗「気持ちいい凱旋とはまさにこのこと」

『2022 SUPER POWER SERIES〜50th Anniversary Tour 札幌2DAYS〜』北海道・ホテルエミシア札幌(新札幌)(2022年5月14日)
アジアタッグ選手権試合 ○児玉裕輔&大森北斗vs斗猛矢&吉田考志×

 北斗&児玉が斗猛矢&吉田を退け、アジアタッグ王座4度目の防衛に成功。児玉は明日5・15札幌大会での世界ジュニア王座挑戦へ向けて弾みをつけ、「絶好調」を強調してベルト獲りに自信をみせた。

 江別市出身の北斗が地元・北海道に凱旋。世界ジュニア挑戦を明日に控える児玉と保持するアジアタッグ王座V4戦に臨んだ。

 挑戦者は斗猛矢&吉田の道産子タッグ。試合は児玉が集中砲火を浴びる苦しい展開に。巻き返しに動いてもローンバトルに追い込まれ、斗猛矢&吉田の逆水平乱打を被弾。斗猛矢のラリアット、吉田のカミカゼを立て続けに決められた。

 このピンチに北斗が飛び込み、ダイアモンドカッターでなで斬りにして突破口を開いた。北斗が吉田の稲妻レッグラリアットで撃退されても、児玉が低空ドロップキックで動きを止めるとラ・マヒストラルでガッチリ。逆転の3カウントが入った。

 北斗&児玉が苦戦を強いられながらもアジアタッグ王座4度目の防衛に成功した。北海道凱旋を飾った北斗は「完璧だ。気持ちいい凱旋とはまさにこのことだぜ。ベルトを持って俺が生まれ育った街に帰ってくる。これ以上の帰省がプロレスラーにあるかって感じだよね」とご満悦。児玉は明日5・15札幌大会での世界ジュニア挑戦へ向けて弾みをつけた形で、「さっきの動き見てわかる通り、絶好調です」と強調。勝てば2冠王に君臨することになり、「児玉裕輔というジュニアの王者の歴史が、この北海道の地から明日スタートしますんで、お楽しみに」と予告してみせた。

【試合後の北斗&児玉】
▼北斗「完璧だ。気持ちいい凱旋とはまさにこのことだぜ。ベルトを持って俺が生まれ育った街に帰ってくる。これ以上の帰省がプロレスラーにあるかって感じだよね。ねえ?」

▼児玉「ごめんね。せっかくの凱旋なのに」

▼北斗「持っていくね」

▼児玉「僕が決めちゃって。でも、ナイスアシスト。明日のジュニアに向けて…」

▼北斗「完璧だ」

▼児玉「さっきの動き見てわかる通り、絶好調です。児玉裕輔というジュニアの王者の歴史が、この北海道の地から明日スタートしますんで、お楽しみに」

▼北斗「そういうことだ」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル