top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

初心者必見!ベランダ菜園に必要な道具リスト。100円ショップでそろえてOK?

macaroni

ベランダ菜園に初チャレンジ!必要な道具とは?

心地よい天候が続き、ガーデニングに最適な季節がやってきました。大きな畑がなくても、ベランダでも十分に野菜を育てることができますよ。そうはいっても、野菜作りがはじめての方は何から用意すればよいかわからないはず。

そこで、ベランダ菜園でそろえておきたい道具を、てしま農園 代表の龍 慶介(りゅう けいすけ)さんに教わりました。道具の種類だけでなく、おすすめの購入場所と合わせてご紹介します。

教えてくれた人

てしま農園 代表/龍 慶介さん
自衛隊のパイロット、大手広告出版会社と異色の経歴を経て、10年前に農業の世界へ。“植物のプロとお客様をつなぐ”をコンセプトに『てしまの苗屋』を立ち上げる。初心者にも植物を育てることの楽しさを伝えたいと、購入者への説明や相談にも積極的に対応。失敗しにくい苗の販売と育成に力を注いでいる。

てしまの苗屋|公式オンラインショップ

1. 必ず準備したいベランダ菜園アイテム

100円ショップで購入できるもの

肥料・液体肥料

広告の後にも続きます

「市販されている土に肥料は含まれていますが、1カ月くらいで効果が切れてしまうので追肥用の肥料を用意しておきましょう。意外に思うかもしれませんが、100円ショップの肥料だからといって効果が劣るということはありません。100円ショップで売られているものは、肥料の3要素である窒素・リン酸・カリがバランスよく配合されているので、特に初心者の方は使いやすいですよ。

野菜作りに慣れてくると、用途によって肥料の使い分けができるようになります。例えば、より実をつけたい場合はリン酸が多めの肥料にしたり、植物を元気づけたい場合は窒素が多めの肥料にしたり……。そのときには、ホームセンターで用途にあった肥料を選んでください。

液体肥料も用意しておくと重宝します。植物の調子が悪そうなときに鉢土に突き刺して使用することで、調子を取り戻してくれますよ。いわば、植物の薬のようなものですね」

「じつは種も、100円ショップの商品だからといって品質が劣るわけではありません。ただし、初心者の方が種から育てるのは難易度が高いので避けたほうが無難。種から芽が出るまでの間はもっとも管理がむずかしく、気温や水分量はもちろん、間引きなども絶妙な加減でおこなう必要があります。

また、一生懸命育てているのになかなか発芽してくれないと、モチベーションも下がってしまいますよね。まずは苗から育ててみて、慣れてきたら種にチャレンジするとよいでしょう。どうしても種から育ててみたいという方は、バジルやねぎ、パクチーなど育てやすい植物を選ぶとよいですよ」


バジルの育て方はこちら▼

4月はバジルの寄せ植えにチャレンジ!【ベランダ菜園におすすめの野菜&ハーブ #12】

鉢底石