top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【小説】敗戦から五日後…三好勢と畠山勢の戦いの行方

幻冬舎ゴールドライフオンライン

本記事は、児玉望氏の書籍『松永久秀~天下兵乱記~』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】【小説】突然の凶報に動揺する中、向けられたのは疑念の眼差し

永禄五年(西暦一五六二年)

久米田の敗戦から五日後、義長様を総大将に儂ら三好勢は勝龍寺城を立ち、飯盛城の北二里、淀川を隔てた摂津の鳥養に布陣した。

「今村慶満様、ご着陣」

慶満率いる細川氏綱様御家来衆が参陣した。

広告の後にも続きます

「吉成信長様、ご着陣」

実休の遺臣吉成信長が散り散りになっていた遺臣らを糾合して参陣した。

「松山重治様、ご帰陣」

松山重治が飯盛城から戻り、本陣に顔を出した。

「ただ今戻りました」

「おぅ重治、ご苦労であった。して、父上の御様子はいかがであった」

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル