top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【小説】「誰だよお前。ウザいんだけど、マジで」悲惨な初恋話

幻冬舎ゴールドライフオンライン

本記事は、北沢いづみ氏の書籍『ギフト』(幻冬舎ルネッサンス新社)より、一部抜粋・編集したものです。

【前回の記事を読む】【小説】表面上の青春にいそしむ女子高生。その心の内は…

明日の私と私の明日

少し前のクラス替えの後、学級対抗のバレーボール試合の為の、男女混合練習があった。

全クラスを混ぜた合同練習で、隣のクラスの村上君が同じ練習チームだと聞いて、佳奈はトイレで何度も前髪を直した。

村上君とは殆ど話した事がないけど、それでも密かにファンクラブがあると言われるほどモテる顔で、よくある一目惚れだった。

広告の後にも続きます

背が高く、勉強、スポーツの文武両道がイケてる男子なら、いつの時代だってモテるだろう。

練習が始まり、佳奈と同じクラスの朋子が頻繁にミスをした。背が小さくて、やった事がないバレーボールでルールも知らないなら、仕方ないかと思っていた。

「おいお前、やる気あんのかよ⁈」

突然村上君が右腕と腰の間にボールを挟んで、朋子に歩み寄る。

「できないなら誰かと代わるか、できるように練習しろよ!」

自分はバレー部だからって、ルールを知らない人にそれはないんじゃない?という気持ちと、何でもいいから村上君と話してみたい、ちょっとでも自分を覚えてもらいたい、という真逆の心理が佳奈の背中を押した。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル