音楽朗読劇「Chevre Note~シェーヴルノート~」に梅原裕一郎、津田健次郎、諏訪部順一、大塚明夫の出演が決定
音楽朗読劇「Chevre Note~シェーヴルノート~」に梅原裕一郎、津田健次郎、諏訪部順一、大塚明夫の出演が決定
中村悠一と梶裕貴がジャンヌ・ダルクの死後対立する親友役で共演する音楽朗読劇『Chevre Note~シェーヴルノート~』に梅原裕一郎、津田健次郎、諏訪部順一、大塚明夫の4名が出演することがわかった。

音楽朗読劇「Chevre Note~シェーヴルノート~」に梅原裕一郎、津田健次郎、諏訪部順一、大塚明夫の出演が決定

中村悠一と梶裕貴がジャンヌ・ダルクの死後対立する親友役で共演する音楽朗読劇『Chevre Note~シェーヴルノート~』に梅原裕一郎、津田健次郎、諏訪部順一、大塚明夫の4名が出演することがわかった。

ソニー・ミュージックエンタテインメントが藤沢文翁と立ち上げた音楽朗読劇ブランド「READING HIGH」の第三回公演となる本作。
羊飼いの娘ジャンヌダルクはある日、神託を受け、神のお告げのままにフランス軍を率いてフランス軍を勝利に導いたと伝えられている。しかし、それは全てある男の書いた筋書き、偽りの物語だった。本作は、百年戦争末期のフランスを舞台に人と悪魔が織りなす”最も呪われた愛の物語”を紡ぐダークファンタジー。


主役のジル・ド・レ役には中村悠一、アランソン公役には梶裕貴が既に発表されており、梅原裕一郎はラ・イル役、津田健次郎はシャルル7世役、諏訪部順一はリッシュモン大元帥役、大塚明夫はグラシャ=ラボラス役を演じる。

音楽朗読劇『Chevre Note~シェーヴルノート~』は2019年1月12日、13日舞浜アンフィシアターで公演が行われる予定。10月6日正午より10月23日23時59分までチケットプレオーダーをイープラスにて予約を受け付けて。

【公演概要】
■タイトル:Chevre Note~シェーヴルノート~
Story from Jeanne d'Arc
■会場:舞浜アンフィシアター
■公演日:2019年1月12日(土)、13日(日)
昼 開場13:45 / 開演14:30 昼 開場12:45 / 開演13:30
夜 開場18:00 / 開演18:45 夜 開場17:00 / 開演17:45
■席種・チケット価格(全席指定・税込)
・プレミアムシート¥18,000(前方2~9列目の席、プレゼント付)
・指定席¥9,500
■原作・脚本・演出:藤沢文翁
■音楽監督:村中俊之
■キャスト:中村悠一(ジル・ド・レ)、梶裕貴(アランソン公)、梅原裕一郎(ラ・イル)、津田健次郎(シャルル7世)、諏訪部順一(リッシュモン大元帥)、大塚明夫(グラシャ=ラボラス)ほか全7名出演予定
■制作:株式会社Zeppライブ
■主催:株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメント

(C)READING HIGH
(更新日:2018年10月11日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(マンガ/アニメ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME