top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

『ドラ恋』新メンバー・白石優愛「まさか自分がこんなキラキラした番組に!?」出演が決まった驚きを語る

ABEMA TIMES

 若手俳優が毎回キスシーンのある恋愛ドラマの撮影をしながら、本当の恋をしていく様を追いかける「ABEMA」オリジナルシリーズ恋愛番組『恋愛ドラマな恋がしたい』(以下、ドラ恋)のシーズン9『恋愛ドラマな恋がしたい~Kiss me like a princess~』が5月15日(日)から放送スタートする。

【先行映像】最新作「恋愛ドラマな恋がしたい ~Kiss me like a princess~」

 「ドラマの主演を取る」という共通の目標に向かってメンバーが切磋琢磨しながら、オーディションに立ち向かう様子。本気の恋愛や友情に流す涙など、飾らない、ありのままの姿が視聴者の心をつかんで離さない同番組。今回は、どのようなドラマが誕生するのか。NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』で子役デビューを果たし、映画19本に出演した経歴を持つ新メンバー・白石優愛(以下、ゆあ)に意気込みを聞いた。

――本日はよろしくお願いいたします。まずは『ドラ恋』出演が決まったときのご感想から教えてください。

ゆあ:実はオーディションでやらかしてしまって。絶対に受からないだろうと思っていました。

広告の後にも続きます

――いったい、どんなことをやらかしたのですか。気になります。

ゆあ:台本読みのとき、本読みだけでよかったはずなのに、相手役をやってくださったかたがキスをしようと顔を近づけてきたんです。あんまりにもビックリしちゃって、その人のあごをグイって右手で押さえつけちゃいました。お互いに好き同士で、幸せなキスだったのに否定しちゃって。でも、スタッフさんたちは笑っていてカットを掛けてくれないので「ちゃんとキスしてよ!」と怒るという……。めちゃくちゃな姿をお見せしてしまいました。

――もしかするとその対応が面白くて合格になったのかもしれないですね(笑)。

ゆあ:そうだったらいいのですが(笑)。なので受かったと言われたときにはにわかに信じられませんでした。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(テレビ)

ジャンル