top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【観劇レビュー】劇団四季新作ミュージカル『バケモノの子』 ~そもそもバケモノとは一体何なのか~

SPICE

劇団四季『バケモノの子』(撮影:阿部章仁)



JR東日本四季劇場[秋]にて2022年4月30日(土)に開幕した劇団四季『バケモノの子』。細田守監督の同名アニメーション映画を基に、演劇界のみならず映像やCM、マジックの世界で活躍するクリエイター陣とタッグを組み、四季が総力を挙げて送り出したオリジナルミュージカルだ。

本作のレビューを綴らせていただくにあたり、本文には『バケモノの子』の展開や内容に深く触れている部分があることをご留意の上お読みいただければ幸いである。

劇団四季『バケモノの子』(撮影:阿部章仁)


舞台は人間とは異なるバケモノたちが暮らす”渋天街”。約300年に渡り彼らを束ねてきた宗師の転生に伴い、9年後に次のリーダー選びが行われるとの発表が。次期宗師に名乗りを上げたバケモノは2名。皆の信頼を集め、人格者でもある猪王山と、強いが荒くれ者で弟子が1人もいない熊徹だ。弟子がいないことを問われた熊徹は”渋天街”の裏側にある渋谷の街で母親を亡くし1人さまよう少年・蓮と出会う。

広告の後にも続きます

蓮を”渋天街”に連れ帰った熊徹は彼に九太と新たな名をつけ、強くなりたいと語る九太を百秋坊や多々良とともに鍛えていく。時が経ち、17歳になった九太(蓮)は、次第に自分が何者か悩み、人間の世界に出かけるようになっていた。そんな九太(蓮)をじっと見つめる猪王山の長男・一郎彦。そしてとうとう次の宗師を決める試合の日が訪れたーー。

今回、特に驚かされたのが装置や映像をはじめとする緻密なスタッフワーク。二重の盆や可動式のセットを多用し、バケモノたちが住む”渋天街”と人間が行きかう渋谷の街とを暗転に頼らず切り替えていくさまがとにかく見事。終盤に巨大生物が登場するクライマックスシーンもアンサンブルのマンパワーとプロジェクションマッピングとの化学反応が最高の形で具現化され、演劇でしかできない表現を成立させていた。熊徹と猪王山の最初の試合にはパペットを使い、元の姿から変身する様を見せるなど、原作アニメーションの世界観を演劇的手法で3次元に移し替える技法が随所で冴え渡る。

劇団四季『バケモノの子』(撮影:阿部章仁)


熊徹を演じる伊藤潤一郎は1人で強くなった荒くれ者でありながら、根の部分に熱く真っ直ぐな魂が宿っていることがはっきり伝わる造形。九太(蓮)との修行の中で自らも成長する姿に説得力があった。

熊徹のライバル・猪王山役の芝清道。長らく劇団の屋台骨を支えてきた彼ならではの佇まいが全体をビシッと締める。さらに本作の裏回し的な役割を担う百秋坊役・味方隆司と多々良を演じる韓盛治が絶妙な芝居を魅せ、作品に厚みを与えていると感じた。

原作アニメーションを監督した細田守氏が息子の誕生をきっかけに「父親は子どもに何ができるのか」と自らに問いかけたことが作品テーマの源になっていることもあり、ミュージカル『バケモノの子』にも原作と同じく、熊徹、猪王山、蓮(九太)の実の父……と3人の父親が登場する。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル