top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

鈴木優人インタビュー~新国立劇場に指揮者として初登場! オペラ改革を成し遂げたグルックの《オルフェオとエウリディーチェ》

SPICE

鈴木優人 (撮影:長澤直子)



作曲家、指揮者、ピアニスト、オルガニスト、チェンバリスト、プロデューサー、演出家、と様々な顔を持つ鈴木優人。日本で最も多忙な音楽家の一人であり、そのレパートリーはバッハから現代音楽まで幅広い。その彼が、グルックがオペラ改革を成し遂げたことで知られる《オルフェオとエウリディーチェ》の指揮で新国立劇場オペラパレスに初登場する。2022年5月19日(木)の初日に向けてリハーサルを重ねるマエストロに公演への抱負を聞いた。

《オルフェオとエウリディーチェ》リハーサル中の鈴木優人 (撮影:堀田力丸 提供:新国立劇場)



 

ーー 新国立劇場のバロックオペラ・シリーズ第一弾となる《オルフェオとエウリディーチェ》を指揮されます。大劇場(オペラパレス)でバロックオペラが上演されるのは初めてで、鈴木さんも指揮者としては新国立劇場デビューですね。

とても光栄なことで名誉に感じています。オペラは一種のエンターテインメントであり芸術であり、日常であり非日常でもあると思うんです。オペラの定着、生活への浸透は、僕の人生の課題の一つとして捉えています。この素晴らしい劇場で仕事ができるのはとても嬉しい気持ちです。

広告の後にも続きます

ーー これまでも2017年の《ポッペアの戴冠》、2020年のヘンデル《リナルド》やブリテン《カーリュー・リヴァー》など、オペラ指揮者として素晴らしい公演を重ねています。マエストロのオペラへの思いは?

学生の頃から副指揮でいくつかのプロダクションに関わったりしていますし、指揮をした本数という意味ではすごく経験豊かというわけではありませんが、オペラとの付き合いは結構長いです。ひとつ、若い頃に忘れられない体験をしたのが2005年のことで、その時に僕は東京二期会でヘンデルのオペラ公演に副指揮で入っていたんです。一ヶ月くらいリハーサルをして2回公演でした。たまたま同時期に、蜷川幸雄さんが歌舞伎座での演出に初挑戦をした《NINAGAWA 十二夜》の冒頭部分でチェンバロを弾く仕事をいただいたのですが、オペラと比べると稽古の日程が極端に少なく、上演は一ヶ月近く、しかも毎回満席でした。どちらもすごく美しい舞台で、オペラと歌舞伎どちらが優れているという話では全然ないのだけれど、その時に「やはり歌舞伎は、日本語で演るということもあるし、歴史もあるから生活の一部になっているなぁ」と実感したんです。一方、オペラはまだ何だか一部の人が見に行くものとみんなが思っている気がする、と

その壁は何だろうとなった時に、もちろん一つは言語ですよね。2009年に新国立劇場の中劇場で鈴木雅明指揮、バッハ・コレギウム・ジャパン(BCJ)演奏でモンテヴェルディ《ポッペアの戴冠》を上演したときに、私は田村吾郎君と共同で演出を担当したのですが、その時は舞台の奥のスクリーンに特殊技術で字幕を投影することにより、テキスト(歌詞)が演技の一部になるという、かなり実験的な演出をしました​。そもそもどのような形で日本にオペラが定着するのが理想なのか?ということを含めて、そのあたりのことは自分にとって課題意識というか、一種の挑戦のようになっています。今回は、勅使川原三郎さんの持つ素晴らしい芸術性とグルックの作品が出会ったわけなので、私は純粋に音楽家としてそこにどう奉仕できるかというのを考えながら稽古に臨んでいます。

鈴木優人 演出・出演 コンサート・オペラ《ポッペアの戴冠》 (撮影:三枝近志 提供:新国立劇場)


ーー リハーサルの進み具合はいかがですか?

コロナの影響で、特に演出にはまだまだ制約が残っています。でも勅使川原三郎さんの演出は、それを跳ね除けるようなコンセプトで、出来ることをしっかりと見極めながら場面を作られていて、本番に向けて楽しみです。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル