top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

渡辺美佐子が『美しきものの伝説』で舞台活動引退。89歳、伝説の新劇女優・松井須磨子役でラストステージへ

SPICE



渡辺美佐子が、舞台俳優としての活動を引退する。68年のキャリアの最後を飾るのは、2022年6月16日(木)開幕の新劇交流プロジェクト2『美しきものの伝説』(作:宮本研 演出:鵜山仁)だ。会場は俳優座劇場。ベル・エポックといわれる大正期の、美しいばかりではない側面を描く群像劇で、渡辺は伝説の女優・松井須磨子を演じる。

5月9日に行われた会見では、はじめに渡辺が「舞台活動の引退という個人的なことで、皆様にお集りいただいて大変恐縮しております」と、丁寧に感謝を述べた。そこで語られた最後の舞台への意気込み、舞台俳優としての思いとは。会見の模様をレポートする。
 

■美しきものの伝説

渡辺美佐子は、1932年10月23日、5人兄弟の末っ子として東京・麻布に生まれた。現在89歳。

「私は非常に元気です。持病もありません。戦時中は、母から毎朝渡される一握りの大豆が1日の食料ということもありましたが、そのような時も病気一つせず、70年近い舞台生活でも休演や降板は一度もありませんでした。元気な体をくれた両親に大変感謝しています」

渡辺の佇まいの若々しさ、言葉のたしかさや瑞々しさを前に、あらためて「なぜ引退を」と問う声もあった。

広告の後にも続きます

「舞台に立つならば、とにかく元気でなければダメという思いがあります。たとえ病人の役をやるにしても、役者本人は健康でなくではいけない。体だけでなく気持ち的にも、余計な感情や心配事のない状態で舞台に上がれるよう心がけ、公演期間は体に悪いものは食べないように。好きだったテニスやゴルフも怪我を恐れて控えました。それから、苦手な方とはあまり会わないようにして(笑)」


「そのように70年近く過ごしてまいりましたので、元気なうちに舞台活動をおしまいにしようと考えていました。今回は、鵜山仁さんの演出、宮本研さんのお芝居で、新劇女優第一号の松井須磨子さん役。会場は俳優座劇場です。ちょうど良い機会をいただいたと思いました」
 

■殻を破ろうとし、自立しようとした女性たち

『美しきものの伝説』は、1968年初演の宮本研の戯曲だ。今回は鵜山仁が演出する。渡辺は松井須磨子を演じる。日本で最初の新劇女優だ。

「(出演が決まった時)早稲田大学の演劇博物館さんから松井さんの資料を色々お借りしました。そしてコロナで公演が延期となった2年の間に、松井さんの真似をするのはやめよう。私が真似ようとして真似できる方ではない。そう思うようになりました」

松井須磨子の活動期間は、1909年から1919年まで。長くはないが、島村抱月との関係や、日本初「歌う女優」などセンセーショナルな話題も多く一世を風靡した。

「松井さんは長野県の田舎から東京に出てきて、島村抱月さんと組み、芸術座でトルストイの『復活』『アンナ・カレーリナ』、イプセンの『人形の家』などを上演します。それまで日本の芝居では、女性の役といえば恋に流され、捨てられ、嫉妬に狂い……悲しみにヨヨと泣きくずれる描かれ方が多かったんです。けれども須磨子さんが演じた女性たちは、殻を破り自立しようとし、自由を求めます。当時の観客は『女性も自立できるんだ』『女の人の自由も認めなきゃいけないんだ』と思われたことでしょう。女性たちは潜在的に押しつぶされそうになっていた気持ちを揺さぶられ、男性も大きな衝撃を受けたのではと思います」


  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル