top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

那覇文化芸術劇場 なはーと こけら落としシリーズを飾った緑間玲貴の新作バレエ『御佩劍-MIHAKASHI-』~沖縄本土復帰50年を迎え「分断」か「調和」かを問う

SPICE

新作バレエ『御佩劍』緑間玲貴 撮影:仲程長治



2021年10月31日(日)に那覇文化芸術劇場 なはーとが開場した。その「こけら落としシリーズ」として、バレエ・アーティスト 緑間玲貴 沖縄公演「トコイリヤ RYOKI  to AI vol.8」が、2022年2月20日(日)に同劇場大劇場にて催された。沖縄本土復帰50周年、那覇市政100周年の記念で、文化庁の令和2年度 文化芸術振興費補助金 子供文化芸術活動支援事業(劇場・音楽堂等の子供鑑賞体験支援事業)として実施した。沖縄の新聞やテレビ、ラジオなどに大きく取り上げられ話題を集め、全席完売となった。新作バレエ『御佩劍-MIHAKASHI-』ほかを上演した同公演の模様を振り返りつつ、近年意欲的に活動を続ける緑間の創造に迫りたい。
 

■「踊りは祈り」沖縄から生まれた「動」と「静」の美学

初めに緑間について駆け足ながらご紹介しよう。沖縄出身の緑間は、3歳でバレエを始め、上京後の18歳からプロフェッショナルとして活動する。2005年、那覇に緑間バレエスタジオを設立。2012年以降「踊りは祈り」を主題に創作し、2015年より自主公演プロジェクト「トコイリヤ」を展開している。公演は現在までのところ東京と沖縄で行われ、文化庁芸術祭(舞踊・関東参加公演の部)に3度選出。コロナ禍初期の2020年7月には、沖縄からバレエ作品の新規映像制作+劇場からのライブ配信による「トコイリヤ ARt MOViEng」および劇場公演を実現した。2016年には第50回沖縄タイムス芸術選賞奨励賞を受賞している。

那覇文化芸術劇場 なはーと 外観


緑間の創作の軸は、「バレエ・アーティスト」と称することからも分かるようにバレエである。公私のパートナーで大阪出身の前田奈美甫も、ワガノワ記念ロシア・バレエ・アカデミーで3年間学び、名教師イリーナ・シトニコワに師事した。緑間はアカデミックなバレエを大事にしつつ、琉球舞踊や巫女舞の踊り手とともに舞台を創ってきた。西洋発祥のバレエの「動」のみならず、東洋の舞踊の「静」に秘められた動かない存在感に惹かれて創作を深めている。

広告の後にも続きます

洋の東西を超えたさまざまな舞踊は、形式こそ違えども相通じる――。緑間はそう確信する。それが「踊りは祈り」という、あらゆる舞踊の底流にある原初的で普遍的な価値観を主題とし、「眞・善・美・愛」を探る原動力であろう。そして、いついかなる時も古典への敬意を忘れることなく新たな創造を追求する創作態度こそ、緑間の真骨頂なのである。

那覇文化芸術劇場 なはーと 大劇場 舞台上より


■「トコイリヤ」の原点ここにあり! 沖縄の新劇場であらためて披露

今回は3部構成で4作品を上演。緑間と「トコイリヤ」の世界の軌跡と今が詰まった一夕だった。

第1部初めの『Lumières de l’Est ~ルミエール・ドゥ・レスト 東方からの光~』は、「宇宙創成の光の誕生と森羅万象を舞台に描く」。2015年5月に東京の座・高円寺2で行われた「トコイリヤ RYOKI  to AI vol.1」からおなじみである。

『Lumières de l’Est ~ルミエール・ドゥ・レスト 東方からの光~』緑間玲貴 前田奈美甫 撮影:仲程長治


幕開けの「Aurore(オロール)」では、J.S.バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」とともに緑間が「光」となって現れる。「百十踏揚(ももとふみあがり)」では琉装の前田が琉球王朝の伝説的な王女と化す。「祈る者」では名もなき「祈りびと」が登場し、今回は琉球舞踊の安次嶺正美が務めた。「Solo con te(ソロ・コン・テ)」では、緑間と安次嶺が場を共にする。東西の異なる舞踊分野の両者は陰と陽であるが自然に共存する。そして「Nella Fantasia(私の空想の中で)」「Dans La nuit(夜の音楽)」では、百十踏揚が「光」に導かれ人になる。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル