top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

船木がカシンに快勝し、“SSPWエース”へ決意新たに「爆弾が落ちる最後までリングに上がっていたい」 クイーンも大阪初見参!!

SPICE


初代タイガーマスク佐山サトル率いるストロングスタイルプロレスが5月8日、団体初となる大阪大会を開催。後楽園ホールでの定期戦そのままに、大阪を拠点とするレスラーが多数参戦する豪華カードが実現した。


初代タイガーマスクもリングに上がり、「大阪で試合をするのが夢だった」と超満員の観客および大会関係者に感謝。船木誠勝vsケンドー・カシンのシングル再戦をはじめ、スーパー・タイガーらのバチバチの打撃戦、タイガー・クイーン大阪初上陸などGWを締めくくるにふさわしい全8試合で、大阪のプロレスファンを魅了した。

<第0試合>
【闘宝伝承 vs ACF 3vs3対抗戦 グラップリング 無差別級イリミネーションマッチ 1分10R[特別ルール]】


〇伊藤崇文[パンクラスism]&大本浩詞[フリー]&後藤田薫[APPOINT PLACE]vs武士正[Fighting Team A-TOYS]&徳☆正[Fighting Team A-TOYS]&道端剛史[フリー]●

①△伊藤vs武士正△
②△大本vs徳☆正△
③△後藤田vs道端△
④△伊藤vs武士正△
⑤〇伊藤vs武士正●
⑥△大本vs徳☆正△
⑦△伊藤vs道端△
⑧△後藤田vs道端△
⑨△大本vs道端△
⑩△伊藤vs徳☆正△

※3-2で伊藤組の勝利

広告の後にも続きます

本戦前に行われた第0試合では、大阪で展開中のプロレス格闘技イベント「闘宝伝承」と、格闘技プロモーション「ACF/エートイズ・チャレンジ・ファイト」の対抗戦が組まれた。

同試合は「闘宝伝承」2月大会にて引き分けた再戦で、「決着がつくまでやれ!」という船木の一声で決定したもの。伊藤率いる闘宝伝承軍には、船木ジムで学ぶアマチュア格闘家の大本と後藤田が参加。対するACF軍は道頓堀プロレス社長・武士正、武士正と同じFighting Team A-TOYS所属する徳☆正、格闘技のバックボーンを持つ道端のトリオだ。

試合はラウンドごとに選手が入れ替わり、途中交代はできない1分10ラウンドのイリミネーションマッチ。グラップリングのみ・打撃禁止の特別ルールで行われた。


ドローが続く手に汗握る攻防が繰り広げられる中、5戦目の伊藤が武士正を沈めて闘宝伝承軍が先制し、船木ジム生の大本、この日がデビュー戦となる後藤田も奮闘。冨宅飛駈に教えを受けるAFC軍は残り2名となったことから、道端が3戦連続出場になるなど体力面で劣勢を強いられながらも積極的に前に出て続けた。

が、その後スコアは動かず。伊藤の一本勝ちが決勝点となり、2月大会の因縁の一戦は3-2で闘宝伝承軍が勝利した。

<第1試合>
【道頓堀プロレス提供試合 タッグマッチ 15分1本勝負】


菊池悠斗[道頓堀プロレス]&〇晴斗希[道頓堀プロレス](10分39秒、ラ・マヒストラル)キャプテン・アメムラ[道頓堀プロレス]●&田中祐樹[道頓堀プロレス]

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル